スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を救えるのは・・・

「自分を救えるのは・・・」

いままで
えらそうに
自分ひとりで
「生きている」と
思い込み
明日と言う日は
当然「ある」と
横着だった

傲慢(ごうまん)な人間が
大嫌いなくせに
そういう自分が
いちばん傲慢だったと
認めざるを得ない

病気になって
かっこいい部分しか
見ていなかったと気付いた

いや違う
自分が納得できることしか
受け入れていなかったんだ

悪口を言わない
いじわるをしない
お世辞を言わない

たったそれだけで
周囲の評価は
「やさしい人」だった

わたしは
決して
やさしくはなかった
ただ
無関心なだけだった


元気だったから
病気の人の
痛みや苦しみを
考えられなかった
想像すらできなかった

自分が
その立場になり
なんにも
分かっちゃいなかったと
思い知った

そうして
悩み苦しむ中で
わかったことがある

最終的に
自分を救うのは
人さまからもらった
数々の励ましを
自分の「こころ」が
うまく消化できるかどうか・・・
そういうことかもしれない


2009.06.20



-----------------------------------------------------

誰でも結局
一生自分探しをしている
って気もするんですよね。
いくつになっても
悟ることなんてできない。

それに、年くってても
迷いのある人のほうが
魅力的だと思うんですよね。
70歳くらいになって自分に孫でもできて
『人生って何?』って聞かれたら
『わかんねぇ』って言えちゃうくらいの
感じでいいと思ってます。

(雑誌「ダ・ヴィンチ」、青野春秋)



にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

 励みの応援1日1クリックお願いします。
  どちらか一方でオッケーです。
 他の方のブログも見られます。
 お気に入りブログが増えると思います。
 (何度押しても10点加算だけです)




ご協力いただけませんか。
ひとりでも多くの命を救いたいのです。
クリック募金・栄養食
50クリックで4食分の栄養食が。
あなた様には何の金銭も発生しません。
(私のブログで年間2000食以上を目指します)


※リンクをクリックしてから出た画像の四角の所をクリックで、
 1円の募金がはじめて完了です。
 説明が足らず、クリックだけだった方、申し訳ありません。
 この方法でご協力いただけたら、ありがたいです。
 教えていただいた方に感謝いたします。



★ぜひ多くの方に読んでほしいです。
    雪絵ちゃんの願い  こちら








コメントの投稿

Secre

そうなんですよぅ

こんにちは。
ワタシ自身、入院中、みなさんがおっしゃられること、
頭ではわかるんですね。
でも、自分の心が納得せず、苦悩しました。

だから、わたしが経験したことを伝えても、
すぐには納得いただけないこと、よ~く知っているんですね。
誰もが他人のアドバイスがすぐに受け入れられないことの方が
多いです。

よっぽど、どん底の体験者か、
この人の言葉を信じてみようという強い思いがない限り、
相手さまが納得できるまで、じっと待つことが多いです。

しかし、ご自分が納得されたら、
よいようにかわるのが非常に早いです。

そうです、そうです。
一生勉強でしあわせさがし、未知の自分に会える楽しみが
あるんだと思います。

そのためにも、命ある限り生きていけるんだとも思います。
励まされながら。。。

No title

こんばんは~!^-^
心にずしりと響く詩ですね。。

>最終的に
自分を救うのは
人さまからもらった
数々の励ましを
自分の「こころ」が
うまく消化できるかどうか・・・
そういうことかもしれない

そうですよね。。どんなに回りからたくさんの想いを投げかけてもらっても
自分の心がそっぽを向いていたのでは、なんにもなりませんね。。
自分なりの感じ方、考え方で少しずつでも心の栄養にしていけたら
有り難みも、そしてどうしたいかも、見えてくるものが
自然とでてきますもんね^-^

人生はそんな事の繰り返し。。
生涯死ぬまで、幸せさがしみたいに^^
でも、だから生きていける、いくのかもしれませんね。。

同感です

まったくおっしゃる通りです。

マイナスだけをみていたら、歳月がたとうとも、嘆きの人生です。
それではせっかく生きられるのに、もったいないですものね。

病気を通し、得ることも多いです。
ちゃんと失った以上の幸せを与えてもらっています。

みんな幸せになるために生まれてきました。

今、幸せじゃないとおっしゃるあなた、
一緒に幸せを見つけていきましょう。。。

No title

 自分を救うのは、最後は自分ですね。そして、自分の気持ちしだいで、世の中は変わります。気持ちが明るいと、楽しく思えます。気持ちが沈んでいると、地獄のようです。同じことでも、感じ方の問題ですね。

 私も病気になって、いろんなことが分かりました。まほさんの書いてるようなことも分かりました。失ったものは大きいです。でも、それだけを見ても始まりません。これからは、何か得られるものがないか探そうと思います。
 病気の人の気持ちが分かるようになりました。優しさを感じられるようになりました。同じ病気の友達ができました。たくさんありますね。これからも、もっと見つけたいです。

ようこそ

お越しくださいました。

>「自分の詩なのか、それとも誰かの詩が
>心の中に残っていて出てしまったのか」
>わから無くなってしまう事があるため、
>この頃、他の方の詩を読むのが、非常に怖いんですよ(苦笑)


このお気持ち、みんな詩を書かれる人なら
ご経験あるんじゃないでしょうか。
わたしも共感できる詩は自分の想いと重なり、
わけがわからなくなります。

言葉のパッチワークだから、別々につくっても似てしまうことが
あります。

そこで注意すべきことは、自分と同じような詩に
出会った時の反応だと思います。

よく問題になるのが「盗作」と決めつけ相手に腹を立てる言動。
これはですねえ。一方的だと思うのですね。
相手の立場に立ち、自分が相手になったつもりで、コメントすれば
よい関係が続きます。

詩を書く人には、このぐらいの心の広さはいるでしょう。

わたしは、逆に頭に残るほど、
覚えてくださったんだとありがたいですし、
その人の心に響いたんだと受け取れます。

ですから、どんどん遊びに来てください。


共感くださり、感謝です。
わたしはだれが書いたかより、この言葉に救われた、
元気をもらったという方がうれしいです。

人間、たかが100年、
いのちがなくなっても、詩は生き続けますものね。
みなさんの心に。。。

始めまして

この頃度々お邪魔しています。
詩の中に、素敵な言葉を見つけては関心しています。

私も詩を書いたりするのですが、実はこの頃記憶力に自信が無く、詩を書くときに「自分の詩なのか、それとも誰かの詩が心の中に残っていて出てしまったのか」わから無くなってしまう事があるため、この頃、他の方の詩を読むのが、非常に怖いんですよ(苦笑)

だから、万歩さんの詩を堪能出来無いのが、残念ですわ。^^;
でも、今日も読んでしまいましたが・・・

>自分の「こころ」が
うまく消化できるかどうか・・・
そういうことかもしれない

僭越ながら、私もそう思います。
きっと、万歩さんの実感には及ばないと思いますが。^^
これからもお邪魔させて頂きますね。
よろしくお願いいたします。先ずは、ご挨拶で。^^

ブログ内検索

RSSフィード

オンラインカウンター
プロフィール

万歩(まほ)

Author:万歩(まほ)
日々の思いを素直に綴る
人生の足跡
身体は不自由でも
心は自由人でいたい
「110番ブログ」も
目指したい

ねこのきもち
Catch The Peace―絆
クリック募金
花園キャンペーン
XIMA
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
月別の詩
出逢えたみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。