スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飾らずありのままに

「飾らずありのままに」


はだかの自分を知る
絶好の機会
このチャンスを
ものにできるか
できないかで
大きくちがう
私の人生

どう生きる
そりゃ 
身分相応がいいに
ちがいない
自分に もっとも似合う
おしゃれを 楽しむように


2001.12.17


--------------------------


自分が不器用だという人の大半は、
気が利かないだけなんじゃないかな。

(少女、湊かなえ)




にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

 励みの応援1日1クリックお願いします。
  どちらか一方でオッケーです。
 他の方のブログも見られます。
 お気に入りブログが増えると思います。
 (何度押しても10点加算だけです)




ご協力いただけませんか。
ひとりでも多くの命を救いたいのです。
クリック募金・栄養食
50クリックで4食分の栄養食が。
あなた様には何の金銭も発生しません。
(私のブログで年間2000食以上を目指します)


※リンクをクリックしてから出た画像の四角の所をクリックで、
 1円の募金がはじめて完了です。
 説明が足らず、クリックだけだった方、申し訳ありません。
 この方法でご協力いただけたら、ありがたいです。
 教えていただいた方に感謝いたします。



★ぜひ多くの方に読んでほしいです。
    雪絵ちゃんの願い  こちら







コメントの投稿

Secre

そうですね

おっしゃること当然。

わたしなんて、病気になるまで、不満でイライラ、
他人にはいいかっこしいで、
健康にまかせ、家族に頼らず、家事をこなし、
ぶつぶつ言っていました。

結局、痛い目をして、自分の駄目さに気が付きました。
泣いて、後悔と反省の日々を嫌というほど味わいました。

でも、なんとかなっていくもんですね。
いいんですよう。みんな大なり小なりおんなじ。
子育てしながら親も成長しますもん。
子は親を演ずる名優と教わりました。
意外と自分自身を見直すことになった経験あります。

いつでも迷ったら気軽に声をかけてくださいね。
病気になり、育児放棄しましたが、今の私は、
子どもの心理がよくわかります。
怒られるの嫌ですもん。(わらい)ほめてほしいですもん。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

短気は損気だよ

みなさんのほとんどは
いまの「まほ」しかご存じじゃないでしょう?
「今日もきらめいて」とタイトルに書くぐらいだから
きらめいているとお思いでしょう?

それは美しすぎる表現ですわ

すぐできる身体があったから
無意識に
人さまの心を
慌てさせていることに
気づきもしませんでした

人は相手の
反応を見て行動します

忙しそうに
いつもバタバタですと
周囲の人も
気ぜわしい感じになり
リラックスできません

わたしは
健康体の時
そういう空気を
周囲の人に与えていたんです


いくら
口でゆっくりでいいよ・・・
なんていっても
早い方が好きと
知っている人は
とうぜん急ぎます


つまり
みんなに
知らず知らずのうちに
プレッシャーを与えていたんですね

そんなことに
身体の自由が制限され
はじめて
気づきました


素早く動けないから
非常に時間がかかります
こんなことぐらい・・・と思うと
情けなくなりました

そのことに
ずいぶん苦悩もし
くさった時期も
確かにあります

でも
一生懸命やっているんですね
努力しているんですね

そう思うと
「できるか」「できないか」で
人間を評価するなんて悲しすぎると


もっと大事なことが
あるんじゃないだろうか?
そう思えたんです
結果ではなく
その過程が重要ではないのかと


一生懸命
自分の持てる力を
出しきって
楽しめたか

また周囲の人の力を
最大限に生かしきった
自分であったか

人さまにも
楽しめる雰囲気を
与えられたか

それが
本当の評価ではないかと
そんな風に思う「まほ」です


あなたがおっしゃった
「おおらかさ」は
「のんきさ?」で間違いないと
そう思います


2009.06.08

痛いほどわかります

わたしは入院中、長くしゃべるともうそれだけで疲れました。

退院後の12月、家族に掃除の指図をするだけで「疲れた~」といい、
家族から「こっちの言うセリフ」と言われる始末。

できない自分をどうしても責めちゃいますよね。
わたしはリハビリで、こんなことぐらいと思うことができないと、
なぜできないんだ」と分析し始める悪い癖があり、
先生に詰め寄っていました。

でも、仕方がないんですね。
原因を探してもできないわけですから
余計に自分を駄目だなあとくさらせるという悪循環でした。

そういう心がイヤで、
できないから、今はできないんだ、時期じゃないんだと
思うことにしたら、
すごく気楽になりました。

結果じゃない。その過程において、
持てる力を発揮することだけ考えたら、
卑下する自分は影をひそめました。

できない自分を責めても、いいことなど一つもありません。
それどころか、自分の気持ちを暗いものにし、
周囲にも不幸せな気持ちを与える…

もうそう思うことはやめようと。
ありのままの自分でいいじゃないか…そんな風に思えました。

身分相応っていうのが、自分らしい人生を歩めるキーでした。

この詩は、2001年12月ですね。
そうするとこうした方がいいかなという希望で詠んでますね。
実際、そういう気持ちになったのはもっと後でした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あたしだって・・・

「あたしなんか」じゃなくて
「あたしだって」をつかおうよ。

(花より男子、神尾葉子)

http://e-kotoba.net/e-cgi/db.cgi?mode=view&no=1125


おはようございます。
上記の「あたしだって」…と思えるこの頃です。

まほには、10年前と違い、
もう「あたしなんて」と言う思いはありません。
そう思っている人がいたら、人生「もったいない」
「あたしだって」…と思える日は近い。
あなたの心の中に…あるんです。。。

ブログ内検索

RSSフィード

オンラインカウンター
プロフィール

万歩(まほ)

Author:万歩(まほ)
日々の思いを素直に綴る
人生の足跡
身体は不自由でも
心は自由人でいたい
「110番ブログ」も
目指したい

ねこのきもち
Catch The Peace―絆
クリック募金
花園キャンペーン
XIMA
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
月別の詩
出逢えたみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。