スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの味方

「あなたの味方」

あなたの出来ることを
精いっぱい
やればいい

出来ないことは 
助けてもらおう
昨日より今日 
今日より明日

そうやって
頑張ってきたんじゃないの
体験が
あなたに
知恵を
さずけてくれる

皆は
あなたの
味方なんだから


2005.05

--------------------------------

誰かに無理と言われても、
それであきらめるんじゃない。
分かったか?

夢があるなら、自分で守るんだ。
みんな自分ができないもんだから、
人にもできないって言うんだよ。

(映画「幸せのちから」)





にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

 励みの応援1日1クリックお願いします。
  どちらか一方でオッケーです。
 他の方のブログも見られます。
 お気に入りブログが増えると思います。
 (何度押しても10点加算だけです)




ご協力いただけませんか。
ひとりでも多くの命を救いたいのです。
クリック募金・栄養食
50クリックで4食分の栄養食が。
あなた様には何の金銭も発生しません。
(私のブログで年間2000食以上を目指します)


※リンクをクリックしてから出た画像の四角の所をクリックで、
 1円の募金がはじめて完了です。
 説明が足らず、クリックだけだった方、申し訳ありません。
 この方法でご協力いただけたら、ありがたいです。
 教えていただいた方に感謝いたします。



★ぜひ多くの方に読んでほしいです。
    雪絵ちゃんの願い  こちら












コメントの投稿

Secre

ありがとう

こっちは朝とうって変わり快晴で、
さわやかな風が吹いていますが、
アジサイにはやっぱり雨が似合う気がします。。。

>湿気が多いのでなんとなく過ごしづらい日々でもありますが…
>空が恥ずかしがり屋なのかなぁとか勝手に理由を
>付けていたりします(笑)

なるほど~。雫ちゃんは感性が豊かですね。
うん、恥ずかしげで、アジサイに気を配っている
優しさをも感じます。

空はいろんな表情があって、我々を元気づけてくれたり、
こちらの気持ちに寄り添ってくれたり…
そんな広い心を感じます。
きっと、神さまが住んでいるんだなあって思います。

ありがとうです。
わたしは自分の味方になってくれる人がいたら、
たとえ、辛い時があっても救われると思うんです。
決して、ひとりじゃない。
一(いち・マイナス)に
誰かがもう1本加えてくれたら+(プラス)になりますもんね。

そういう人を大事にしてくださいね。
雫ちゃんは人さまを大事にされる人だから。

ありがとう。私は元気です。
充実した日を送らせてもらっていますよ。

こんばんは。

拍手コメント…ありがとうございました。
この詩はすごくエールを送って下さる詩ですね。
「私なりの精一杯」これを信じて日々過ごしています。

>皆は
>あなたの
>味方なんだから

ここが一番響きました。。。

まほさんお元気ですか?
湿気が多いのでなんとなく過ごしづらい日々でもありますが…
空が恥ずかしがり屋なのかなぁとか勝手に理由を付けていたりします(笑)

短いコメントで(あと何だか話題が飛んでいたりして)すみません。。
応援クリックなどもさせて頂きますね!!

ただただ感謝

みくさん、ふたたびです。

深く読みとっていただけて、わたしが気付いていない「まほ」を
見た思いがします。

特に
>最初イラストか何か入っているのかと思いましたが、
>いらないんだなぁと。 
>まほさんの心の中からの真実の言葉が情景となって、
>そして空白には まほさんの姿が笑顔が見えるようで、
>これがイラスト・・って思い、納得で嬉しくなりました。

これって、ちっとも気付かない発見でした。
そのように感じていただけたことをとってもしあわせに思いました。

これは、、まほというペンネームのわたしの想いと
重なる部分があるのです。
わたしはたくさんの人のやさしい言葉に癒され
凍てついた心を溶かしてくれました。
それはいろんな人々で、名前とか重要視じゃなくて、
わたしが辛かった時に、笑顔で言葉をくださったという感動です。

有名人だからとか、経歴がいいからとか、関係なく、
おっしゃられた言葉自身に感動したということでした。
詩は読み手さんがどのように感じていただいてもいいんですね。
みくさんが空白から、見たことのないまほを想像していただける…
もうそれだけで、みくさんのお心に入れた「まほ」がいます。
そうしますと、いつでも、まほに会えます。
この世にまほがいなくなっても、
みくさんのお心から消えることはないんですね。

そうしたことを、大変うれしく思います。
まほを感じてくれた人が
さらにしあわせの種をまいて行ってくれるからです。
未来の子どもに、いい世の中を残すことは、
心の賢い大人が増えれば、いい日本になるんです。
すぐにはできませんが、不可能ではないんです。

そんな風に思っています。
わたしひとりの力は小さいです。
でもブログを通じて出会えた人の輪はどんどん大きくなり、
いつかきっと素晴らしい世の中を天から見られると信じています。

100年後、ブログ同窓会で、
みくさんとお会いできるのを楽しみにしています。
ありがとうございました。

追伸
「選ばれて」の詩は26番、和は「8」、無限大です。
いのちの恩人の誕生日も26日。
宮尾さん、いい番号を選んでくださったなあと、
本を見て思いました。

まずは掲示板のお礼

ありがとうございますの一言に尽きます。

わたしがブログで「損はさせません」と力んでも、
買ってくださったお客さんの感動が何よりもその評価です。

テレビでも売り手は「損はさせません」という言葉を使います。
みなさんは賢い消費者、この不景気な時代に、だいじなお金を使い、
お忙しい中で、時間をやりくりし、読んでいただける時間を
確保いただいたわけです。

そのみなさんにわたしは「ありがとう」といいたいです。

宮尾さんが作りあげてくれたのですが、
「この本はあなたの生んだ娘よ」とおっしゃって下さいました。
ですので私は生みっぱなしではなく、
私自身も成長していきたいと思いました。

また出版を決意してくださった、太っ腹な曽根代表は、
「僕は書いたものを他人の方が読むのに5分かかるなら
その5分をいただくものと考えています。」
というお考えの方。
この言葉を聞き、相手の方を思いやる心、感謝とは
こうするものだと教えていただいた気持ちです。
こよなく詩を愛する代表ならではと思いました。
ハートの切り抜きの素敵な栞、
みゆきさんが手作りしてくださったそうです。
表紙もデザイナーさんが宮尾さんとまほの思いを
うまく引き出してくださいました。

印刷屋さん、スタッフのみなさん、ポストに運んでくれた方…
たくさんの人の愛が詰まっています。
みなさんに「ありがとう」の言葉がお幸せを運んでくれると信じて。

みくさんの素敵なお祝いのお写真ありがとうございました。
感謝いたします。

おめでとうございます!

まほさん、詩集の発刊おめでとうございます! 宮尾さんとの素晴らしいお出会い、感激です。
以前から、まほさんのブログには色々な励ましや生きる力になるような、サイトや詩や言葉、
何処から探して・・って思うほど、ブログいっぱいに溢れていて、私は記憶も読み取ることも浅くて、
拝見しながらも中々うわべでは感じても、自分のものに出来ませんでした。
”ありがとう”を拝読させていただきながら、生命をふき返らせたまほさんが、色々な言葉にご自分
自身を励ましながら、一生懸命な毎日を丁寧に過ごして来られていることを感激で読ませていた
だきました。 ご自分がそんな中でがんばれることが”ありがとう”で、生きる力を少しでも多くの方にも
感じてもらい、生かされた命を大切に人生を過ごしてもらいたいメッセージを発信し続けておられるのだなぁとも思いました。
温かい表紙、しおりまで・・とっても素敵、最初イラストか何か入っているのかと思いましたが、
いらないんだなぁと。 まほさんの心の中からの真実の言葉が情景となって、そして空白には
まほさんの姿が笑顔が見えるようで、これがイラスト・・って思い、納得で嬉しくなりました。
長い間、色々な場所から生きる応援歌を、発信し続けるこの”今日もきらめいて”さすが・・と
うなりました。
本当にお出会いと、素晴らしい詩集を有難うございました。 宮尾さんにも皆さまにも感謝です。

ありがとう

こちらこそだよぅ。
出逢えていなかったら、
まほはこんなに幸せを感じなかったと思うし、
ここまで来られなかったよ。
お礼を言うのは私だよ。

睡眠時間が短いとお肌の大敵。
べっぴんさんが泣くよう。

みなさんが元気になってくださるなら、
愛でも肉でも差し上げちゃうよぅ。
特にお肉はただでもらってほしい「まほ」です。。。(わらい)

私も嬉しい。

まほさんが、生きててくれて嬉しいよっ。

ぎゅって抱きしめて、ハグしたい気持ち♪

いつも、愛をありがとうございます♪

ありがとう

そのようにおっしゃっていただけ感謝です。

これは2回目の入院時、2003年の秋、
大部屋の70代の女性によく話していたことです。
残念ながら故人になりましたが、
退院後も、リハビリに行く都度、
パソコン絵手紙を持っておしゃべりしてきました。

ご家族が離れているので、まほが行くと
目を輝かせてくれました。
ほんとうに楽しい方でした。

きっと空から応援していてくださると思います。

ただいま~

リハビリから帰ってきました。

今日はわたしの詩集「ありがとう」を
看護師さんに読んでもらおうと、
ナースステーションによってきました。

詩集に出てくる看護師さんがいるので、
すごく喜んでくださいました。

実は、その方は当時、手術室の看護師さんで、
わたしの手術のこと、
実際開腹した状態を知っている方なんですね。

車いすになった時、
「元気になって、こんなうれしいことはないわ」と
いって抱きしめてくれた人でした。

今日、お会いすると、手術に立ち会って、
その時「お気の毒…いつまで…」と思ったそうで、
助かるとは・・・想像ができない状態だったらしいのです。

それだからこそ、
「こんなうれしいことはない」と喜んでくれたんですね。
わたしも10年目に真実を聞いたようで
胸がいっぱいでした。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ブログ内検索

RSSフィード

オンラインカウンター
プロフィール

万歩(まほ)

Author:万歩(まほ)
日々の思いを素直に綴る
人生の足跡
身体は不自由でも
心は自由人でいたい
「110番ブログ」も
目指したい

ねこのきもち
Catch The Peace―絆
クリック募金
花園キャンペーン
XIMA
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
月別の詩
出逢えたみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。