スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受け入れるということ


☆コメントに関して☆ 
初めての方はこちらをお読みくださいね。
しあわせルール




「受け入れるということ」

仕方がないんだよ
仕方がないんだよ

こう言ったら
あなたは
「いっつもそう言う」と
涙ぐんだ

あの当時は
あなたのことばに
「ごめんね」としか
言えなかった

15歳のあなたには
受け入れがたい
哀しくて(かなしくて)
切ない
ことばだったのね

あれから
8年の歳月が
経った

「仕方がないんだよ」と
言わざるを得なかった
理由(わけ)を
聴いてくれる?

あなたを
幸せにするには
わたしが
幸せと思えないと
いけなかった

過去に
固執(こしゅう)しすぎると
毎日は暗いものになる

未来を明るくしようと思ったら
自分の力で
どうしようもないことは
割り切ろうと思ったの
受け入れようと思ったの

それが
「仕方がないんだよ」の
ことばだった

オトナになった
あなたは
わたしの気持ちを
わかってくれますか?


2008.06.07

-----------------------------


もしここで何も
学びとることがなかったなら、
次の世界もここと同じことになる。

それはつまり、
乗り越えなきゃならん限界、
はねのけるべき鉛の重荷が、
もとのままに残ってしまうことなんだ。

(かもめのジョナサン、リチャード・バック)




にほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

 励みの応援1日1クリックお願いします。
  どちらか一方でオッケーです。
 他の方のブログも見られます。
 お気に入りブログが増えると思います。
 (何度押しても10点加算だけです)




ご協力いただけませんか。
ひとりでも多くの命を救いたいのです。
クリック募金・栄養食
50クリックで4食分の栄養食が。
あなた様には何の金銭も発生しません。
(私のブログで年間2000食以上を目指します)



★ぜひ多くの方に読んでほしいです。
    雪絵ちゃんの願い  こちら







コメントの投稿

Secre

お祝いをありがとう

とんでもないですよぅ。
すっごくありがたいです。

決して、ひとりだったら、乗り越えてこられませんでした。
読者のみなさんがおられたからこそ、私も生きがいを持って、
リハビリを続けてこられました。

わたしがしあわせにひたっている時、
どこかで誰かが悲しんでおられたはずです。
わたしは病気をするまでつらい思いをせずきたのに、
不満の多い、感謝のない生活でした。

だから、いい時期に気付けました。
わたしが歯を食いしばってリハビリしている瞬間だけでも、
誰かが笑ってくれていたらいいなあと思います。

そうなんですよ。
自分が自分の味方であり、自分を見限らない
大きな愛を自分に向けたら、すっごく、心は喜びます。
そして、人さまにも自然とやさしくなれます。
(自分の心で試しました)

そうしたら、しあわせの輪がどんどん広がって、
伝染していきます。

soraさん、出逢ってくださって、ありがとう。

No title

こんにちは、まほさん。(*^^*)
もうすぐ、退院丸7年。
私も一緒に、乾杯させてください。^^
かんぱ~い! パチパチ♪
ケーキも一緒に食べちゃいます?(笑)

本当に頑張られましたね。
↑私なんかが、言える言葉ではありませんが・・・
まほさんの勇気、頑張る姿、大きな優しさに
たくさんの方が支えられています。(*^^*)
何だか、逆なのにね。^^

23往復 歩行距離累計 34020メートル
素晴らしいです♪
目標を持つ事って、大切ですよね。
ひとつずつ頑張り、達成して・・・
喜びを味わい・・・
そして、いっぱい自分を誉めてげる。
偉いね、私っ。(笑)
一番の理解者だものね、大切にしなくちゃ・・・です。
まほさん、いつも「ありがとう♪」
暑い日、寒い日を繰り返しているので
体調には気をつけられてくださいね。(*^^*)

ありがとう

そうおっしゃっていただけると嬉しいです。

14歳からわたしの手を離れ、来月24歳・・・早いですね。
お腹の傷がふさがった日が子どもの誕生日だっという奇跡。
社会のみなさんに育てていただいています。

わたしは親のことなど心配したことはありませんでしたが、
子どもにはすごく心配をかけたと思います。

生きるか、死ぬかわからない母親を心配し、
学校を卒業してくれたと思います。
けれど、「まほ」の子でよかったと思ってもらえるよう、
そんな生き方を見せられる親になりたいです。

社会のみなさんに育ててもらっているので、
みなさんがしあわせになってくれないと困る~。(わらい)

ありがとう

は~い、了解しました。
よろしくお願いしまし。

No title

きっと・・・
この8年の間に、傍でまほさんの姿をみてきて
わかってくださっていると思いますよ・・・。

言葉で説明しても
うまく伝わらないのような
まほさんの思いまでも一緒に・・・。

私は、そう思います^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

できますよぅ

しあわせに生きたいと心から思われるんでしたら、
受け入れる努力をしてください。

受け入れられないから、苦しむんです。

子どものころを思い出してください。
知らないことだらけでしたが、悩みなどなかったでしょう。

サンタさんはいるって信じていたでしょう。
まったく自然で、お化粧して、少しでもきれいに見せたいって
思わなかったでしょう。
男の子と一緒になって遊びまくったでしょう。

大人になったら、
・・・でなきゃいけないという言葉に縛られていませんか。

サンタさんはお父さんやお母さんだったとわかっても、
ピュアな気持ちを忘れないでいたいですね。

受け入れるというのは、ありのままの自分を
好きになることかもしれません。

人間は誰でも、
よりかわいく、スタイルもよく見せたいと思います。
お化粧を塗り、ガードルを履き、お腹を引っ込めて、
かっこいい女性になります。

ガードルって、苦しいですよね。
脱いだらすっきっりしませんか。
お化粧だって、洗顔すれば気持ちよくないですか。

自然体って楽なんです。正座を24時間続けられますか。
足を崩し、リラックスできないならつらいですよ。

受け入れるというのは、洗顔後やガードルを脱いだ感覚。
ありのままなんです。
はがれる心配もないし、かっこつけないですから、
生きやすいですよ。

ありのままを受け入れたら絶対、変わりますから。。。

そうですか

わたしも、ここにコメントくださる言葉から想像し、
冷静でおられる方とお見受けしています。
もちろん、情熱も人一倍お持ちだと感じます。

たぶんですよ。
わたしがイメージするには、冷静>情熱なんですよ。
ふたつがイコールか、冷静<情熱・・・
みたいな状態ではないんです。

表現を変えましょうか。
冷静が「主役」、情熱が「脇役」に見えるんだと思うんですね。

これはですねえ。
その人が乗り越えてきた苦難に、
我慢強さがあったからだと想像するんです。

親友は、よくご存じでしょうから、
冷静=情熱がある人と分かると思いますね。

・・・ううん・・・
わたしはそれが、Lさんらしさなら、素敵だと思いますよ。
他人の価値観や評価で生きるんじゃないですから。

ただ、お仕事的に、人間関係があるのでしたら、
我慢しすぎず、怒りたい時は
「ナメンジャナイ」といってもいいと思います。
それができるお方だと思いますよ。
感情的になるのと違いますから、
人の心に土足で上がりこむような人には、
「ナメンナヨ」発言あっていいと思います。


コメント欄、青文字、記事が影響かな。
何もしていないんだけど。。。

受容の祈り

たえがたきを耐えて、苦痛を乗り越えて、
希望の春を待つ。
土を耕して、種をまき、心にいっぱい水とお日様(自分への優しさ・人様の優しさ・自然の優しさ)を与えてあげて発芽を待つ。

受け止めるということは、祈りに近いですね。
何も期待しないで受け止め、鋭気を養うということ。
・・・大切ですね。

「貴方は、冷静すぎて情熱が感じられない。」と私は、言われたんです。
まほさん。そう思いますか?
星の色だって、赤いより青白い方が本当は熱が高いのにね・・・。

・・・「冷静と情熱のあいだ」を毎日、さまよっています。
青は、大好きな色。青空の青。地球の青。
・・・今もブルーのスカーフを首に巻いています。

まほさん。お大事になさって下さいね。
私も、無理をしない勇気を使っていますから・・・。
(たまに無理を承知で・・・もあるけど。リカバリーのお休みはかかせませんよ♪)

ご心配をおかけしました

おはようございます。

3年前の秋、オーバーワークで体調を壊したことがあります。
その当時は、長嶋監督の快復に刺激を受け、
張り切りすぎてリハビリしたのです。

気力はあっても体力がついていかなかった。
家族は無茶だと。いくら高齢でも鍛え方が違う・・・
それを自分は若いからと・・・アホかと叱られました。

その思いがよぎったのです。
左足に違和感があって、筋肉の回復が遅れているような。
そうして、ちょっと寒いので、風邪かなとも。

早めに休みました。
寒気もないし、大丈夫そうです。

でも、気を抜かず、無理しないようにしますね。

ドリームファームのトマトのお世話をしてきます。
そのあと、ご返事させてくださいね。(ペコリ)

No title

 受け入れること、難しいですね。私も自分の運命を受け入れられずにいます。病気になると、普通のありがたさがわかりました。でも、それって幸せなのかな?もう普通にはもどれないのに・・・普通の人をうらやましく見ているだけなのかな?
 いつか、自分の運命を受け入れるときが来るのでしょうか?これでよかったんだって思える日が来るのでしょうか?私は運命に逆らって生きようとしています。
 

ブログ内検索

RSSフィード

オンラインカウンター
プロフィール

万歩(まほ)

Author:万歩(まほ)
日々の思いを素直に綴る
人生の足跡
身体は不自由でも
心は自由人でいたい
「110番ブログ」も
目指したい

ねこのきもち
Catch The Peace―絆
クリック募金
花園キャンペーン
XIMA
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最近の記事+コメント
月別の詩
出逢えたみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。