スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飾らずありのままに


「飾らずありのままに」

はだかの自分を知る
絶好の機会
このチャンスを
ものにできるか
できないかで
大きくちがう
私の人生

どう生きる
そりゃ 
身分相応がいいに
ちがいない
自分に もっとも似合う
おしゃれを 楽しむように


2001.12.17

---------------------------

飾らずって言うのがとっても生きやすいです。
どうして立てないんだろう。
どうして聞こえないんだろう。
どうして上手にしゃべれないんだろう。
どうして着替えができないんだろう。
どうして家事ができないんだろう。
・・・こんな風に思わないんだ。
できないことを数えず、できることを見つけ、感謝する。
それがまほ流の「身分相応」というものです。
自由気ままに楽しく生きています。

2009.03.27




--------------------------

この世には、誰からも
好かれる人間なんていないものよ。
だって、誰からも好かれる人間を
嫌う人間が必ずいるでしょ。
世の中の仕組みは
みんなそうだと思わない?

(ドラマ「白い巨塔」)





にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

 励みの応援1日1クリックお願いします。
  どちらか一方でオッケーです。
 他の方のブログも見られます。
 お気に入りブログが増えると思います。
 (何度押しても10点加算だけです)




ご協力いただけませんか。
ひとりでも多くの命を救いたいのです。
クリック募金・栄養食
50クリックで4食分の栄養食が。
あなた様には何の金銭も発生しません。
(私のブログで年間2000食以上を目指します)


※リンクをクリックしてから出た画像の四角の所をクリックで、
 1円の募金がはじめて完了です。
 説明が足らず、クリックだけだった方、申し訳ありません。
 この方法でご協力いただけたら、ありがたいです。
 教えていただいた方に感謝いたします。



★ぜひ多くの方に読んでほしいです。
    雪絵ちゃんの願い  こちら











コメントの投稿

Secre

そうですね

おっしゃる通りだと思います。

いいところも悪いところもすべて認め、受け入れることだと。
わたしの場合、絶望から這い上がれたのは、
どうあがいたって元には戻れない。そうであれば、
自分のありのままを受け入れ生きるしかない。

最初はこれからどうしたいか、自分の心に聴きました。
嘆き悲しんだままでいるのかを考えたとき、
わたしの大事な家族まで不幸にしたくない・・・
道連れにしたくないという思いでした。

しあわせに生きたいと思いました。
そのためなら努力を惜しまないと自分に誓いました。

しあわせに生きるためにはありのままの歩けない
自分を好きになることでした。
入院は2年半と長く、テレビも見ず一生懸命でした。
その姿に…なんと言うのでしょうか、
惚れこんで今のまほがいます。

自分を好きになったら、周囲の人もすべて愛しい人って
思えたんですよ。

No title

ありのままの自分で生きる。それは、自分の陰の部分も陽の部分も受け入れて、自分らしく生きるということなんですね ^^)
きっと、そのほうが生きやすいはず♪

人との比較

こんばんは。いつもありがとうです。

おっしゃるように、人と比べていると、
不満って必ず起こります。
人間の欲は際限なく、満足をしないそうです。
もっと、もっとと思うそうです。

人との比較は
アスリートのタイムとかは自分をレベルアップするための
目標の一部分でしょうが、一般に人には、
害となる確率が高いと思いますね。

真面目な人ほど、プライドが高い人ほど自分を
追いつめやすい気がします。
馬鹿になっていいんだと思います。

わが子の場合、
親ばかでどこのだれよりもうちの子がかわいいという気持ちですが
同様に、ばかになり自分を好きになった方が生きやすいです。

絶望も人との比較だったと思います。
何もできなくなった自分がみじめでした。
自分は自分、たとえだれが認めてくれなくても、
こんなに頑張っている自分を一番知っているのはこのワタシ。
じゃあ、いいじゃないか。
昨日の自分と今日の自分を比べて頑張っていけばと。

そう思えたときから、すごく生きやすくなりました。
自分の心をふしあわせにしていたのは、
どこかで人と比べて、マイナス部分ばかり見ていたんですね。
自分を愛せたら、ありのまま、流されていいと思います。

No title

そうですねぇ まほさん
飾らずありのままの自分でいいと思えるときって
たぶん 自分の精一杯を 尽くしてるはず
きっと そんなとき ひとは
自分のことを 好きになれるのでしょう

ひとと比べて あれがない これがない
と不満に思ったり
やればできるかもしれないことを やってみないで
できないことばかりを数えているときには
なかなか ありのままの自分でいいとは
思えないものです
ありのままの自分を 好きといえる自分でいたいですね

そうですよね

40・50代はもっと生きやすいです。
10・20・30代の荒波を経験し、
苦こそ自分を成長させると知っているし、
人間は不完全な生き物と気付くからです。

10・20代は学校でのお勉強で、
社会にでたら、人生の勉強です。
どう人とうまく付き合うか…なんて学校では学びません。
学校という狭い世界で基礎を学んだだけです。

実践は世の中に出てからすね。
当然、大人と呼ばれ、20代も50代もひとくくり。

幼児なら2歳児、3歳児というように区別もあり、
細かく教えてもらえたことでも、そうじゃないですね。

支えがなくなっていきますね。
でも人生の先輩が身近にいれば、尋ねればいいんですね。
自分がたどってきた道で体験も反省を込めて聞けます。

みづはさん、年を重ねるって素晴らしいと思いますよね。

入院中に出会った95歳のおばあちゃん、
「歩くのえらいんやでアンタもこの年になったらわかる」って。
だから実感するためにも長生きしたいです。

おちこぼれじゃない

みかささん、そんなにご自分を卑下しないで。
ネットの世界といえど、交流の仕方次第で、
心からのつながりが持てます。

ネットはバーチャルな架空の世界で、ねたみを増幅させて、
追い込むとも言われますが、
それは出会う人の質も多いに関係すると思っています。

コメントで中傷や嫌がらせ、
鍵コメをいいことに当人を精神的に落ち込ませる輩もいます。

ですが、よい友との出逢いは
いろんな意味で救いになると思います。
そういう目さえ持っていれば、大きく成長できると思います。

みかささんは落ちこぼれじゃないです!

うんうん(^^)

身の丈に合った生活、それがいいと気づいたのは30過ぎた今日この頃。
手の届かないことを追いかけて、自分の首をしめるより、ラクだと最初、思った。

それが、いつのまにか楽しくなって、できない・ないながらもできる・あるもので、
オモシロイ時間を過ごせばいいんだと、思考が変わった。
オモシロイ時間を楽しむ間が、いちばん楽しいことにも気づいてからは、
1日の過ごし方が大きく変わって、人らしく地球の速さで生きている感じ(^^v

No title

 身分相応の生き方、なかなかできないです。簡単なようで難しいですね。自分を知らないとできないです。そんな生き方をみつけたまほさん、えらいです。
 私のネットでの生き方が、身分相応の生き方であってほしいな。そう思いました。リアルの世界では落ちこぼれ?だけど、ネットの世界では自由に飛び回ります。友達もたくさんいます。病気になってしまった私の、唯一つの救いなのです。

ブログ内検索

RSSフィード

オンラインカウンター
プロフィール

万歩(まほ)

Author:万歩(まほ)
日々の思いを素直に綴る
人生の足跡
身体は不自由でも
心は自由人でいたい
「110番ブログ」も
目指したい

ねこのきもち
Catch The Peace―絆
クリック募金
花園キャンペーン
XIMA
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
月別の詩
出逢えたみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。