スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いやりって

 2007年7月ポエム(再掲)

『オトナの赤ちゃん』
たしかに
たしかに
言葉の通りよ

オムツだったし
歩けないし
しゃべれないし・・・

悲しかった
自分のカラダが
びくともしないことよりも
その言葉を
言われたことで
心が傷ついた
泣いた 泣いた 泣いた

信じられなかった
びょういんは
カラダの傷だけ
治すところなの?
心は傷つけてもいいの?

『オトナの赤ちゃん』

そんな言葉で
これから
立ち直れっていうの?
がんばれっていうの?

ワタシは
自分が傷ついた言葉は
口にしないと誓った

相手が
元気になれる言葉を
口にしようと誓った

想うとは
「相手」の「心」って
書くんだよ~


2007.07.12


-----------------------------------

今日で発病から丸9年がたちます。
この詩は去年、とても悲しかった心を詠みました。
ある意味、ワタシには残酷すぎる言葉でした。
誰だって、望んで病気になる人など、いません。
不可抗力ですよね。。。
その想いのまま来ていました。

しかし・・・ある日、
ドラマ「医龍」の再放送で、手術の場面を観ました。
そして自分と重ねました。私の命を救うため、
必死で手術・治療にあたってくださったんだと。

そう思うと、「大人の赤ちゃん」と言われたことで、
傷ついたんじゃなくて、
このことばのお陰で「クソ~」と頑張れたんだと。
そんな風に、自分の心が変わってきました。
だから、こんなに元気になれたんですね。。。

明日から31日までお休みします。
また、来月から仲良くしてください。



にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

 励みの応援1日1クリックお願いします。
  どちらか一方でオッケーです。
 他の方のブログも見られます。
 お気に入りブログが増えると思います。
 (何度押しても10点加算だけです)

 ブログを通じて、幸せを、そして生きている喜びを!
 にほんブログ村ポリシー・・・すごく共感できるんです。
 だから、「にほんブログ村」が大好きなんですよ。




ご協力いただけませんか。
ひとりでも多くの命を救いたいのです。
クリック募金・栄養食
50クリックで4食分の栄養食が。
あなた様には何の金銭も発生しません。
(私のブログで年間2000食以上を目指します)


※リンクをクリックしてから出た画像の四角の所をクリックで、
 1円の募金がはじめて完了です。
 説明が足らず、クリックだけだった方、申し訳ありません。
 この方法でご協力いただけたら、ありがたいです。
 教えていただいた方に感謝いたします。



★ぜひ多くの方に読んでほしいです。
    雪絵ちゃんの願い  こちら




コメントの投稿

Secre

たびたまさんへ

>そんな学びを重ねて 紡いでいくんですね

たびたまさん、忙しいのにありがとう。
そう思っていただけるとありがたいです。

織物と一緒ですね。
縦糸と横糸、本数も増え、頑丈な糸になります。
歳を重ねるということは樹で言うと幹も太くなるわけですね。

太さは体験の数で、喜びも悲しみを知って行き、
強くなるんだと思います。
知識があっても体験することには及びません。
そういうと、病気にならなければ、
理解できないのかと反論される方もみえるでしょう。

病気にならなくてもいいんです。
元気な人は大きく羽ばたいて、
弱い人を守れるよう、
気持ちを想像し、助けてあげてほしいのです。

それが誰もがしあわせに生きられる…
「共生」だと思います。

追伸
お母さまがよくなられますように。
パパさん、よかったですねえ。

人生って

そんな学びを重ねて 紡いでいくんですね

もみじママさんへ(訂正)

>「きれいな玄関と居間じゃ生活できないんだなあ」

下のコメントの中の
みつをさんの言葉訂正です。
「居間」ではなく「床の間」だけじゃ・・・です。

読み返して間違いに気付きました。
ごめんなさい。訂正します。

しんこさんへ

ありがとうです。

>人間て言葉一つで、良くも悪くも変わりますね。
>今の私は、何があっても『傷つかない』という選択が
>出来るようになりたいと、切に願う毎日です。

ほんとう、よくわかります。
私は初めて、このブログで「早く死んでください」と
書かれて傷ついたんですね。

私は幸せに生きて、家族を幸せにする…
そう決めました。
そうしたら、そんなつまらない言葉に傷つくな、
そんな言葉に涙を流すな…
そういう声がしたんです。

しあわせになるって決めた以上、
「死ねるか、ば~か」って思えたんです。

私がしあわせなら、家族もしあわせ。
家族がしあわせになるためには
周囲のみんながしあわせにならなきゃいけない。

もう、人から何を言われようと、
そんな声は聞かない。
…っていうか聞こえないんですけどね。 (ワライ)
50代の強みですね、きっと。

風太(テン)さんへ

いろいろありがとね。

ファームの収穫時の立ち合いは、
私もしてもらって、すごくうれしかったのです。
すべての人の立ち合いは無理でもできる限り、
喜びを分かち合いたいと思っているの。

テンさんも2鉢目種まく日、
1日にしてね。そうしたらすぐお邪魔します。
収穫時間をお昼にするため12時過ぎに種をまきます。

いっつもありがとね。
11月分のブログ記事、準備完了です。

くじらさんへ

ありがとうです。
もう自分を自分で褒めまくっていますよ。

私は病気になるまで、
自分をほめるなんて、したことなかったんです。

病気になって、嫌というほど、
後悔と反省の繰り返しでした。
ある日、若い看護婦さんが、
「まほさんは自分を褒めないでしょ」というんです。
「あったり前じゃない。自分のことなんか褒めないわ」と。

すると、
「私はボーナスが出たら頑張っている自分に
プレゼントも買うわ」と。
とても新鮮な言葉だったんです。

よし、私もだれにも褒めてもらえなくっても、
この自分が自分をほめようと決めました。
すると自分を責め続けていた気持が軽くなり、
力に変わったんです。

だから、リハビリが終わると、
がんばった自分をほめています。
それが自信へつながり、いい結果が
出ているように思います。

ありがとね。

糖尿病になったので、ケーキは食べられないけれど、
ノンシュガーのあめがご褒美です。
でもクリスマスにはケーキを3口食べようと思います。

りえこさんへ

ご返事遅れました。
ファームからありがとうです。

いろいろやられているんですね。
CDも出されたんですか。それはすごいです。
残念ながら、耳が聞こえず、こういった文字を目で見て…
という状態です。

11月1日に6鉢目の種をまきますので、
よろしくです。

ぷうさんへ

ご返事遅れました。

29日はお父さまのお誕生日だったのですね。
おめでとうございました。
29日は「福」と読んで縁起がいい日です。

お庭の大根も育っていますね。
これから大根はおいしい季節、大好きです。

またファ-ムでもよろしく。
11/1の12時過ぎに6鉢目の種をまきます。

紫苑さんへ

ありがとうございます。
年齢が多いというのもあるんですよ。
10・20代だったら、ずっと根に持っていた
言葉だと思います。

けれど40代を過ぎますと、
過ぎたことに縛られているのは、
もったいないと思う心があるんですね。
よく言えば熟年ですから、
「そんなことでくよくよしていたら生きていけん」…
みたいな気持ちが働くのでしょうね。
これが歳を重ねられる素晴らしさと思っています。

マイナス面でみると、落ち込むんですが、
人にいやな言葉を使わないでおこうと
思えたんですから、マルモウケ…と思えば
プラス思考になれます。

>傷つけるつもりで言ってなくても
>言われた相手は、傷つく事だってあるんですものね。
>あまりに気を使いすぎて、なにも話せなくなるのも
>困ると思うけれど・・・
>せめて、自分が言われて不快だった言葉は・・・
>使わないようにしたいですよね。

すごくわかります。
心していった言葉でも、万が一傷付けたと思ったら、
言葉を足せばいいです。

人生、傷つかなかった人間も、
誰も傷つけたことがない人間などいませんものね。
そこから失敗を生かして成長していきたいですね。

お怪我が早くよくなりますように。

史子さんへ

ありがとうございました。
体調はいかがですか。

読ませていただきました。
続きを楽しみにしていますね。

思いやりって…で考えていただき、非常にありがたいです。

言葉って、相手との距離によっても違いますね。
かわいいおばあちゃんを見て、
赤ちゃんみたいと表現する場合でも、
自分の子供に言われるのと、
全く他人が言うのと違いますね。

「元気だったか」に応えて
「生きとったか」と親しい友人なら言うでしょうが、
たとえば病気持ちの人に、初対面の人が
「生きとったか」という言葉を使わないですものね。

言葉って相手との距離によっても変わりますが、
心ある使い方なら人を傷つけませんね。

自分が体験し、非常に勉強になりました・・・
そう思えるのが50代の強みですね。

なつさんへ

わあ~、ありがとうございます。
ちゃんと覚えていますよ。
出逢えた方はすべて覚えていますよ。
こちらこそ、よろしくです。

そうですか…。
学童のお子さんですね。
きっと、本人は自分が愛されていないと感じ、
それをぶつけている気がします。

詳しくはわかりませんが、
私も子育てを終え、思いますのは、
「子は親を演ずる名優」という言葉がありますように、
両親の影響って大きいのですよね。
親が何げなく言った言葉に傷ついたり、
違う想像をふくらませ、注意をひくため、
他人を攻撃してしまう行動に出るとか…。

その原因が分かれば、
きっと落ち着くんですよね。

大人と違って、特にお子さんですと、
納得できない不安が変な形で出ますよね。

でも、きっと大丈夫。
子どもって自分がしてもらってうれしかったことを、
ちゃんと人に返していきます。
愛されて育った人は、人を大事にします。
愛されているという安心感から
人を愛する方法を学んでいますものね。

残念なのは、愛されなかったために、
愛し方がわからないお子さん、または大人です。
ですが…親じゃなくとも、他の人の愛情を知り、
ちゃんと成長できます。

学童は忙しいご両親に代わり、
面倒を見られる場所、
たっぷり、愛してあげてください。
愛されているという安心感は大きいと思います。

指導員でもないのに余計でしたら、
ごめんなさいね。

まほさんお疲れ様。
人間て言葉一つで、良くも悪くも変わりますね。
今の私は、何があっても『傷つかない』という選択が
出来るようになりたいと、切に願う毎日です。

寒くなってきました、お身体ご自愛くださいませ。
良い充電期間を!!

ありがとう(*^-^*)

一緒に居てくれてありがとうございました。
1分前のクラッカー、めっちゃ嬉しかったです。

言葉って残酷なのもありますよね。
たった一言で、
底なし沼に落とされるような時もあります。

でも反対も。
人に傷つけられても人が治してくれるんだな。

私がまほさんに治してもらってるように、
私もまほさんを治したい。

ゆっくりできてるかな(´・∀・`)
寒くなりました。
体冷やさないようにしてください。

ちなみに・・
今、ミニトマト食べてます(( ̄~; ̄))ムシャ
収穫祭りの真っ最中です♪

みなさんへ

☆なつさん
☆史子さん
☆紫苑さん
☆ぷうさん
☆りえこさん
☆くじらさん
☆拍手くださったみなさん
☆休み中も覗いてくださったみなさん

ありがとう。
すべて読ませてもらいました。
ゆっくり、ご返事させてもらいますね。
31日にはご返事できます。

>なつさん、
覚えていますよ~。
出逢った方は300人を超えていますが、
お名前はすべて覚えています。
良ければ、右のメールフォームから
メール下さいませんか。

みなさんのところへも少しずつご訪問します。
あともう少しお待ちください。
人間的にバージョンアップしたいと思います。

万歩さん
こんにちは。
今までこんなに頑張れたなんてすごいよ・・・と言って9年前の自分をたくさんたくさん抱きしめてあげて下さい。(*^^*)

XIMAからきました。
まだちょっとしか読んでいませんが、きらきらした文が散りばめられてますね。みんな忘れちゃうけど、絶対忘れてはいけない事が詰まっている気がします。ドリームファームでは、通行人さんでしたのでお世話のお礼を言えませんでしたけど、ありがとうございます!

傷つけるつけるつもりはなくても、相手が傷ついてしまうこともありますね。
まほさんの詩はとても情を感じます。
まほさんの強さも感じますね・・。
また十分な充電期間のあと、ブログで逢いましょう!では・・

苦しい心や傷ついた心を
頑張る力や生きる力に繋げている
まほさんて、すごいです。
私なら、いつまでもグジグジ考えてしまいそうで・・・(汗)

傷つけるつもりで言ってなくても
言われた相手は、傷つく事だってあるんですものね。
あまりに気を使いすぎて、なにも話せなくなるのも
困ると思うけれど・・・
せめて、自分が言われて不快だった言葉は・・・
使わないようにしたいですよね。

傷ついた言葉は、なかなか忘れられないですもの・・・。
いつかは、その呪縛から解き放たれなきゃいけないですけれど・・・。

相手の心。

真理を突いていて、言葉も出ません。

あたしも日常生活もお世話をしてもらう側ですが、自分の主張ばかりで旦那さんの心は解りません。

今日帰ったら、この記事、旦那さんに見せますね。

何か、良い話し合いが出来る気がします。


まほさんにはいつも、戴いてばかり。


お返しと言っては下らない物ですが、
http://ayakoeeko.exblog.jp/8690221/
この日から、お話を連載しています。

次を読むには<前のページぼたんでゆけます。

良かったら、読んで下さい。

お休みの間に充電して下さいね。

まほさん、本当にお久しぶりです。あたしのこと、覚えているでしょうか??

いろいろいろいろあって、新しい自分にも気が付いたりして、それは、いいことのような悪いことのような事で、、、、。。。そんなこともあって、しばらくご無沙汰でした。

たまたま久しぶりにお邪魔させていただいたこの記事の最後にいい言葉があったので、思わず久しぶりにコメントさせていただきます。

>想と言う字は相手の心って書くんだよ~。。

勤めている学童に名前の中に「想」って言う字を持つ子がいるんですけど。その子、最近ちょっと荒れてて、、、相手の心を思いやれないような言い方をしたり、むやみにすねちゃって相手の心を嫌な気持ちにさせちゃったり。本人から色々話を聞いて、、親に愛されてる実感がない感じの子だねってみんなで心配しているけど、、、、。人の気持ちを考えられないところは、何とか話をして、考えられるように変わってもらえたらいいねって言ってるんですけど。。。
機会があったら彼女にまほさんのこの言葉をいってあげたいなって思いました。
あなたの名前には「相手の心」って意味が入ってるんだよ。だから、あなたには相手の心が本当は良くわかるはずだよ。もっと、優しくなれるはずだから、相手の心を想ってみてって、、、。そんな素敵な名前を付けてくれたんだから、親はあなたを愛しているよって。

今日から、お休みに入られるんですね。
もう少し前に来ればよかったと、少し後悔です。

今後もよろしくお願いします。

ひかりさんへ

こんばんは。

そうです。ずっと心にひっかっていた言葉でした。
でもそれだからこそ、
いろんな意味で頑張って元気になれたんだと
思います。
人さまに使う言葉にも細心の注意が払えますし、
何よりも自分がこたえたことで、
反面教師にできました。

身体は簡単でも、心はたやすくありませんね。
それだけに十分気をつけたいです。

まとまりがないことなんて、ありませんよ。
十分、お気持ちがわかります。
私はまだまだ知らないことが多いですが、
謙虚に皆さんから、心を学ばしてもらいます。

そのためには、
つらい人のことを想像できる自分でありたいです。
つらい気持ちは環境こそ違いますが、
リハビリで体験中です。

明日からしばらく休みますが、
再開したら仲良くしてくださいね。

 まほさん、すごくつらいことを言われたのですね。ショックだったと思います。でも、立ち直れたから、すごいです。
 相手が傷つくようなこと、言ってはいけないですね。私も職業から、言葉には気をつけています。何気ない言葉でも、その人にとっては重大な言葉かもしれません。すごく気を使います。
 体を治すのは簡単だと思います。病気が目に見えるから。心を治すのは大変です。患者とお医者さんが心が通じてないと無理だと思います。
 
 いつもまとまりのない文章ですみません。

ちなみさんへ

いつも読んで応援くださり、ありがとうです。

そうでしたか…。
やはりご経験ありでしたか。

ワタシも初めての入院で、
自分では何もできず、個室という不安な状態でした。
医療関係の従事者は、もっと思いやりの心がある…
そう思い込んでいましたから、
相当ショックでした。

ひとりの人間。そして元気に働けるというのは、
ご自分がつらい思いをされた経験が少なく、
机上の勉強で頭が良ければ…という風潮ですね。
アタマが一番で、心はおき去られています。

泣くだけでは何も変わりません。
こういうことで悲しい思いをした人が伝えていき、
偏見も少なくなっていくのでしょうね。

たったひとりでは小さな力ですが、
事例を出すことで、自分と立場が違う人に
考えるきっかけになると思うんです。

入院中に読んだ本に、
「車いす」の人は暗いと書いてありました。
暗くならざるを得なかった点もあると思うんです。
そこで決めました。
ワタシは車いすユーザー、暗くないぞ~って
世間の人に思ってもらおうと。

最初は一人でも、
聖火リレーのように広げていけたら
いいなあって思っています。
人間、助け・助けられです。
きっときっと思いやりのあるいい国に
なっていくと思います。

それを伝えていけるのは、
実際体験した人がいてこそです。

健康な人は大きく羽ばたいて、
弱い人を助けてあげてほしいですね。

まほさん、お久しぶりです!

まほさん、こちらではご無沙汰していて申し訳ありません。

まほさんも、入院中にずいぶん傷つくような言葉をかけられた経験がおありだったのですか。。。

私は、ご存じのように、心の病を抱えていますが、医療関係従事者からも、傷つくような、差別や偏見などの言葉をかけられたことが何度となくあります。
医療関係従事者でもこうなのですから、一般の人の心の病に対する偏見はどれほどのものかと思ってしまいます。

だからこそ、いつか、この社会が、誰に対しても差別や偏見のない、どんな相手も思いやれるやさしい社会になるように、強く願っています。

もみじママさんへ

こちらこそ、いつもありがとうね。

とんでもないです。
そうしなければいけないという思いが、
柔軟性のない、パッと見、
よくやっているようにみえる生き方だったと、
思いました。

ワタシは大事にすべきことを
まるっと間違えていたんです。
「ジコチュウ」っていいますよね。
自分のことしか考えないというのは嫌だったんです。
それに、働いているからと言って、
家事をおろそかにするのも嫌だったんです。
当然、時間はないですよね。
だから、健康体に付け込んで無理ができたんです。

私はそうすることが
周囲を大事にすると思いこんでいました。
違ったんですね。
人を大事にするというのは、自分を大事にしてこそ…
だったのですね。

そのことに、病気をし、初めて気づいたのでした。
みつをさんの詩に
「きれいな玄関と居間じゃ生活できないんだなあ」
というのがあります。

そこなんです。
無理して、掃除して、家をきれいにしても、
病気になるまで頑張る必要はないし、
きれいな部屋=家族の幸せじゃなかったんです。

本当に家族を幸せにしたかったら、
自分が幸せだと思える生き方を
しないといけないんですね。
そいうことがわかるようになってきました。
だから、かっこつけないし、
自然体でいられ生きやすいです。

マイナスに横1本足して=(現状維持)するか、
縦1本足して+(プラス)にするか・・・
ワタシ次第かなあと思うこの頃です。

は~い、ありがとう。ゆっくりしますね。
再開したらよろしくです。

いつもありがとう

毎日、まほさんのところで元気を頂いてます。

何でも、完璧な尊敬できる先輩だったまほさん。

病気で動けない状態だったころはどんなにかつらっかった事かと心が痛みます。

そして、よく頑張ってここまで回復されましたね。
今もご不自由はあっても、頑張って新しいことをきっちりとされて、本当にご立派です。

明日からしばらくお休みですか。
とてもいい季節です、のんびりとされてくださいね。

Leoさんへ

ありがとうです。

そうですね。
病人に「大人の赤ちゃん」はさすがにこたえましたね。
悪気はなかったんでしょうが、年は多くても、
心も弱っていますからねえ。

まあ、20代の人より40代だったワタシだから、
よかったんでしょうが・・・。
「こいつはそんなことでへこたれないオンナ」と
映ったんでしょうかねえ。
確かに元気になってからは、
ワタシもはっきりものを言いましたからねえ。

自分の女房でもないのに、
ひどいなあと思われる人が多いと思います。
言葉は愛を持って言いたいですねぇ。

本当に自分が体験し、辛い人の気持ちに立てました。
だから、今こうして想いを伝えることができるのですから、
「福」産物ですね。

また、体験をもとに
自分の心を素直に詠んでいきますので
笑ってくださいね~。

テレビ紹介もありがとう。
タイトルは聞いたことがあります。
再放送があれば見てみますね。

葉月さんへ

ありがとうです。

ブログをやっていて、一番うれしいのは共感いただけて、
少しでもその人のお心が軽くなることなんです。

ある意味、病気のお陰で、元気づけられた言葉、
またその逆で落ち込みの原因となった言葉…
大きく分けてこの二つがありまあす。

自分がもらって、うれしかった言葉は、
万人向けではなくとも、
人を傷つける言葉にはならないと学びました。

人によって、受け取り方も異なると思うのですが、
ワタシ自身がすごく嫌だった言葉は
絶対他の人にも使わない、言うまいと
決意したことはすごくよかったと思います。

入院中は40代後半だったわけですが、
ワタシが変わるためには、
「人のせい」にしないと決めたんですね。

病気の正しい知識があったなら・・・
胆石から急性膵炎になる確率が高いと
誰かが教えてくれていたら…などと、
他の人の責任にするのは簡単です。

しかし、人のせいにしているうちは
絶対前向きに考えられない。
逃げ場所があるからです。
ワタシはそれがイヤでした。

ワタシが頑張ることと、
無理をすることをごちゃまぜで、
ひどい腹痛があっても
1日で持続性がなかった為、勝手に疲れだろうと、
健康体を過信しすぎたこと・・・
これが大きかったです。

もうなってしまったことを、
嘆いても「覆水盆に返らず」です。
過去は変えられないけれど、
これからの未来はどんなふうにでも創れる・・・

未来にかけようと思いました。
とにかく命が助かったことを感謝しました。
子どもも、何もできなくてもいい、
いてくれるだけでうれしいと言ってくれました。

決めました。
幸せと思える生き方をしようと。
そして、家族を幸せにしようと。

長々と、当時を想いながら書いてしまいました。

は~い、また11月からよろしくです。

言葉の魔法

まほさん、おはようございます♪

「オトナの赤ちゃん」って、ひどい言葉です。
言葉は、両刀の刃。
人を傷つけることも、励ますことも、救うこともできるんですよね・・・。

私は、できるだけ相手の気持ちを意識して使いたいと思います。
もちろん、失敗もありますけど・・・。
失敗は、失敗として意識したいですね。

TV「医龍」好きな番組の1つです。
少し前のドラマですが、「救命救急24時」も、すばらしいですよ。↓

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/kyumei24/

では、本日もお健やかに。

おはようございます。

昨日の「自信」も今日の「想う」も私の心に響きました。
くじけそうな時でもふとまほさんから教えて頂いた言葉を自分に投げかけて励ましています。
いつも前向きなまほさん、ほんとにありがとう。
少しお休みされたらまた11月にお会いしましょうね。

ブログ内検索

RSSフィード

オンラインカウンター
プロフィール

万歩(まほ)

Author:万歩(まほ)
日々の思いを素直に綴る
人生の足跡
身体は不自由でも
心は自由人でいたい
「110番ブログ」も
目指したい

ねこのきもち
Catch The Peace―絆
クリック募金
花園キャンペーン
XIMA
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
月別の詩
出逢えたみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。