スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不自由も自由のうち

 2007年11月ポエム(再掲)


不自由が
がまんすることを教え
しんぼうづよくなりました

そして
不自由も自由のうちと
思えるようになりました


2002.02.22


----------------------------------------------------

40・50代になると、こう思えるようになるんですね。
20・30代ではワタシは思えなかっただろうと思います。
そう言う意味でもより善い時期に病気を体験し、
その折々の気持ちを伝えられる自由に感謝です。






にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

 励みの応援1日1クリックお願いします。
  どちらか一方でオッケーです。
 他の方のブログも見られます。
 お気に入りブログが増えると思います。
 (何度押しても10点加算だけです)




ご協力いただけませんか。
ひとりでも多くの命を救いたいのです。
クリック募金・栄養食
50クリックで4食分の栄養食が。
あなた様には何の金銭も発生しません。
(私のブログで年間2000食以上を目指します)


※リンクをクリックしてから出た画像の四角の所をクリックで、
 1円の募金がはじめて完了です。
 説明が足らず、クリックだけだった方、申し訳ありません。
 この方法でご協力いただけたら、ありがたいです。
 教えていただいた方に感謝いたします。



★ぜひ多くの方に読んでほしいです。
    雪絵ちゃんの願い  こちら









コメントの投稿

Secre

鍵コメさんへ

とんでもないですよ。
家族からしたらわがままな奴…ってところでしょうか。

思いを込めた詩からは、
いいイメージを想像くださり、ありがたいです。
そういう生き方ができるように精進しますね。

魂と言いましょうか、心の奥からにじみ出た言葉で、
ウソ偽りはないのですが、
こうでありたいという思いが熱いかもです。
本当に思いやりのある人間になりたいと思います。
みなさんから、優しさをいっぱいいただいていますので、
できると思います。

時間をかけて…登って行きますね。
ありがとう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

みなさんへ

いい言葉ねっとの転載です。

人は誰でも荷物を持っていて、
その荷物を
捨てるわけにはいかない。
一生、それを持って
歩かなければならない。
たとえば、自分の躰が荷物だし、
自分の周りの人たちも荷物になる。
自分も誰か他の人の荷物になる。

僕はつい最近まで、
僕たちの持っている障害が
とてもやっかいで
重いものだと考えていた。
人よりも
努力しなければならないのは
不公平だとさえ思っていた。
しかし、険しい山に登ったり、
わざと困難なことに
挑戦する冒険家は、
そんな荷物をいつも探している。
荷物があることが大切なのだ。

(卒業文集、森博嗣)


【shuさんのコメント】

自分が持っている弱点のせいで、
親から受け継いだもののせいで、
時代や周りの環境のせいで、
人よりも苦労しなければいけない
なんて、どう考えても
納得できない。

その苦労や努力の結果を見るまでは、
だいたい、そう思う。

なんで、俺だけが?
どうして、私だけが?

理屈は分かっている。
「苦労が自分のためになる」
なんて言われなくても、
頑張るつもりはあるけれど、
やっぱり、しんどい時もある。

荷物は、そんなに軽くないから。
それに、十分重いものを持ってるのに、
また背負わされる時もあるから。

私にも、いろんな荷物が
あるような気がしますが、
一番の荷物は、
自分自身のような気がします。

自分を邪魔しているのは自分。
これ、忘れないようにしたいです。


鍵コメさんへ

早速ご返事ありがとうです。
了解いたしました。

鍵コメさんへ

ありがとうです。
メールさせていただきましたので、よろしくです。

紫苑(シオン)さんへ

ありがとうです。
そうですね。体験をし、免疫力がつき、
つらい中で鍛えられていくんですね。

経験は宝…だと思っているんですが、
つらいさなかにはわかりませんね。
あとになったらわかることです。

ですから、これらは先に生まれたものが、
お若い人に伝えていかないといけないと思うんです。

10代の人は未来が明るいとは感じなくて、
生きている今がつらいと、
人生にピリオドを打とうとします。
さなかは、たしかにつらい…
だから、これが永遠に続くなんて耐えられないと
思うんです。

でも周囲の人が荷物を「かわりばんこ」に
持ち合えば、きっと乗り越えられると信じています。

一人で悩みを抱え込まないで…と叫びたいです。

シャイドリーマーさんへ

そうだったんですかあ。
更年期障害と言ってもさまざまなんですね。
5分と歩くのが大変…そのお気持ち、
すごく理解できます。

ある日、突然だと本当に不安でしたでしょう。
でも、こうやってお話しいただけるまでに
ご快復なさったんですね。

本当によろしかったです。
そうですね。
つらい体験をすると、
ちょっとしたことがありがたいですね。

私は馬鹿は風邪ひかないというように、
超健康体だったので、
病気になるなんて考えられないことでした。

ありがとうです。
風邪が流行りだしましたね。
無理せず、ぼちぼち行きますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

それは・・・
生きてこられた経験や
乗り越えられてきた苦難で
心が大きく強くなって行くからなんでしょうね。

年を重ねる毎に
光を増していくような・・・
そんな人になれたらなあって思います。
それには、いろんな事を感じる
アンテナを立てないと・・・f^^;

いつも素敵な言葉達を、ありがとうございます*^^*

まほさん、いい詩、いい言葉、いい説明 すべてありがとうございます。

今年の夏、突然 体調を崩したとき、一時は冗談じゃなくて、本当に5分歩くのがやっとの時がありました。 歩くってこんなにすごいことだったんだと気づきました。 それから結局 更年期障害とわかって入院しなくてすみましたが、「毎日家にいていいんだ。 ありがたい!」と感謝しました。 

小さな幸せに気づき、日々感謝を忘れなければ、かならず神様は見ていてくださいますよね。

こうして、まほさんのところにおじゃまできること。 どんなにありがたいことか。 まほさん、これからもどうぞよろしくお願いします。

風邪など引かれませんように(私はまた風邪気味です・・・)

みなさんへ

今日のいい言葉ねっとです。

楽しい=自由
くるしい=不自由
って限らないことが…。


http://www.e-kotoba.net/e-html/5485.html

ひかりさんへ

ごめんね。
45歳じゃなかった。
46歳でしたあ。
だから40代後半だと、そう思えるみたいです。
若かったら、とっても思えないです。

だから当然なんですよ。
私は年を重ねて
人生っておもしろいって思えるのは50代だと思います。

老人がなぜ長生きしたがるか…って
記事があったんです。
それは人生が面白いからという答えでした。
納得した、まほでした。

ひかりさんへ

おはようございます。

う~ん、
これは45歳の時ですから、
年齢は大いに関係すると思います。

私は病気になって、後悔をたくさんしました。
いつになったら涙は涸れるのかと思うぐらい
泣きました。
絶望もしました。
腐りもしました。

でもそんな事とは関係なく、
家族・姉妹・両親・友人…がお見舞いに来てくれるんですね。
そうすると、「くさっている場合じゃないぞ、こら」
って言われたようで・・・。

私は嘆きの暗い人生を送りたくなかった。
幸せになって、支えてくれた人を幸せにしよう…と
決めました。

たったひとつ「幸せになる」道を選んだんです。
選んだらその道を行くだけです。

確かに不便はあります。
不便を10思うのではなくて、
1の便利を感謝しようと思ったんです。

世の中を見れば、もっと不自由されている人もいます。
歩けず、耳が聞こえなくても、
ブログをやれる自由がある…こんな幸せがどこにありましょう。

学校にも行けず、働いている子供も、
世界にはいっぱい。
パソコンが買えて、電気も使えて、ブログを楽しめる…
そういう今に感謝です。

不自由が10だとしても、
工夫次第で自由を楽しめるし、
楽しむ心があれば、生きていられる限り、
なんだってできる。

病気になったことは残念。
でも私は病気から学んだことはたくさんです。
病気をマイナスだけ、嘆きだけにする人生とはサヨナラ。

だって、プラスがいっぱいあるんですもの。
生かされてよかったあ…感謝しかありません。

 不自由も自由のうちですか?難しい言葉ですね。私たちはすごく不自由だって思っています。少しでも自由になりたいって思っています。年を取ったら、そんなふうに思えるのでしょうか?
 私の場合、不自由が工夫することを教えています。でも、不自由が自由のうちだってこと、まだわかっていません。まだまだ修行が足りませんね。

ブログ内検索

RSSフィード

オンラインカウンター
プロフィール

万歩(まほ)

Author:万歩(まほ)
日々の思いを素直に綴る
人生の足跡
身体は不自由でも
心は自由人でいたい
「110番ブログ」も
目指したい

ねこのきもち
Catch The Peace―絆
クリック募金
花園キャンペーン
XIMA
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
月別の詩
出逢えたみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。