スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心で聴く

 2007年8月ポエム(再掲)



耳は
おばあちゃんのように
遠いけれど

耳元で
大きな声で
しゃべってくれたら
あなたの話
ずっと
きいていられるよ

耳が
遠いぶん
こころを
大きくひらけて
きくからね


2002.02.17


-----------------------------------------------


6年前はまだ聴こえたほうでした。
今はほとんどだめで、話しかけられると
付添い人に耳が聴こえないことを伝えてもらうように。
聴こえないのに、体裁(ていさい)を保とうとすると、
すごく疲れ、耳が悪いことを自覚する瞬間です。
でも生きていられるのですから、マルモウケ。。。




にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

 励みの応援1日1クリックお願いします。
  どちらか一方でオッケーです。
 他の方のブログも見られます。
 お気に入りブログが増えると思います。
 (何度押しても10点加算だけです)




ご協力いただけませんか。
ひとりでも多くの命を救いたいのです。
クリック募金・栄養食
50クリックで4食分の栄養食が。
あなた様には何の金銭も発生しません。
(私のブログで年間2000食以上を目指します)


※リンクをクリックしてから出た画像の四角の所をクリックで、
 1円の募金がはじめて完了です。
 説明が足らず、クリックだけだった方、申し訳ありません。
 この方法でご協力いただけたら、ありがたいです。
 教えていただいた方に感謝いたします。



★ぜひ多くの方に読んでほしいです。
    雪絵ちゃんの願い  こちら



コメントの投稿

Secre

ほんとうですね

v-350
当たり前に聞こえていた時は、雑音が気にかかり、
大事なことに気付きませんでした。

聞こえなくなったら、ある意味大事なことはごくわずかでした。
人間はどうでもいい雑音に惑わされるものだとしみじみ思いました。

じっくり、先入観を持たずに聞くと、相手のいいところが浮きでてくるんですね。
一体、私は何を聞いていたんだろう…って思います。
年を重ねられたおかげなのでしょうね。

森山直太朗さん

v-350
ほんとうですね。
生まれた瞬間から死に向かっているんですね。
短い・長いの差はありますが、
密度の濃い人生をと望みます。

直太朗さんの歌詞は、言葉じりだけをとらえたら誤解されるかも知れませんが、
心をこめ伝えていかれますね。
そういうお人だと思います。

今日は8月最終日。暑さが戻った感じですが、
空は秋でしたねえ。

ごめんなさい

v-350
ご返事遅れた申し訳有りません。

直太朗さんの歌、お好きですかあ。
私は残念ながら聞こえないのですが、やはり素晴らしいのですね。

最初の歌詞だけとらえると誤解されるかもしれませんが、
最後のくたばるまでとっておけ…が心にしみます。
魂の叫びだと。

短いですが・・・。いつもありがとう。

聞えていると注意も散漫になってしまって
心で聴いていないことがありますね。
聞えることが当たり前になってしまって
感謝の気持ちすら忘れてしまっていることもあります。

改めて「聞える」ことに感謝し「聴く」を
大切にしたいと思った朝です。ありがとう♪

まほさんへ

v-254 まほさん、
猛暑が去って、メールも書きやすくなりました。
というのも、このコンピューターの部屋にはエアコンがなくて、
冬はヒーターをつけるので大丈夫ですが、
夏は灼熱の部屋になってしまうのです。
ですから、気温が下がるのはそんな意味からも嬉しいです。

森山直太郎の詩を読みました。
とても難しい詩ですね。
誰かが言っていたけれど、
「人間は死を恐れているけれど、
本当は、つらい状況の中で行き続ける事こそ
難しく大変なことなんだ。」と。

人生って意味深いものですね。
それと、4桁の数字は半角で入れたら大丈夫でした。
よかった~
ではまたね~
hana v-209




v-47v-22まほさん、こちらへ、久し振りにコメントさせて頂きます。

私も、森山直太郎さんの歌が好きで・・・
グループホームで、離れて暮らす我が子に、森山直太郎の曲をプレゼントしようかと考えていた、数日前、偶然にも、彼の歌う曲が流れているのを聴きました。

やはり、最初の歌詞の出だしに驚きました~!
けれど、聴いているうちに彼の 魂から流れ出てくるような・・・

声音を超えた・・・
何かを 伝えようとする見えない気配を感じました。

そして、思いました・・・。
これが、彼の魂の歌なのだと・・・
だから、彼の歌に心をひきつけられる人は
多く存在するのだろうか・・・?

その様にも、思いました。。。
言葉だけを、捉えてしまえば・・・確かに、驚くかもしれません。。。

それでも、私たちは生まれてくる時に、自分自身の寿命
や生き様を、抱えてこの地上に降りてきた筈ですよね。

死は 誰にでも 訪れる。。。
決して、避けて通れないものですよね。。。

ありました

v-350
森山直太朗さんの歌
http://www.naotaro.com/special/ikite_ly.asp

直太朗さんの「ろう」は朗らかでした。
前のコメント間違いました。

ありがとう

v-350
そうですよう。
だいずさんは聞こえるのですから大事にしてね。

森山直太郎さんの歌が賛否両論というニュースで、歌詞を見たら
誤解するのは最初の歌詞の
小さく死ねばいい…という部分が自殺を奨励するとブーイングのようでした。
でも最後まで聞いて、歌の意味を組んでもらったら、
すごくいい歌詞です。
ご本人もちゃんと責任を持って伝えていきたいって言っていました。

なんという曲だったか、調べますね。

そうだったのですね

v-350
耳鳴りはつらいですね。
でも検査で異常なしだったら、病気がよくなれば治りますよう。

心の耳…ある意味想像力ですね。
黒の背景で黒い文字を読もうとしても読めません。
白の背景だったら黒い文字は読めますね。

今は電話もメール。
言葉も文章で受け手の人の感情の違いから誤解も。
この場合は目ですが、
耳も同じこと。

プラスのことを言っても、マイナスで受け取る心の耳では、伝わりません。
そして傷つけられたと人は言います。

心の耳で心して聞くと、
少しは相手の悲しみが聞こえるような気がします。

まほさん、こんにちは。

まほさん、こんにちは。
音楽が聞けること、大切な人の声が聞こえること…。
当たり前のようでいて、ありがたいことです。
私もせっかくちゃんと音が聞こえるのだから、
こころをひらいてまほさんのように人の話を聞きたいな。

 耳が遠くても、心で聴けるという話ですね。心で聴ければいいのですが。私は左の耳に難聴があります。高い音が聞き取りにくいです。いつからでしょうか、耳鳴りがするのです。病院で検査してもらったけど、異常はないって言われました。もう治らないそうです。
 私もまほさんのような、心の耳がほしいです。

ブログ内検索

RSSフィード

オンラインカウンター
プロフィール

万歩(まほ)

Author:万歩(まほ)
日々の思いを素直に綴る
人生の足跡
身体は不自由でも
心は自由人でいたい
「110番ブログ」も
目指したい

ねこのきもち
Catch The Peace―絆
クリック募金
花園キャンペーン
XIMA
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事+コメント
月別の詩
出逢えたみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。