スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己反省

12月ポエム大賞ノミネート作品(15)

失敗の原因は
がんばることに
一生懸命で
もっとも大切にすべき
自分自身のことを
おきざりにしたからだ  


2002.09

----------------------------------------

がんばることはもちろん大切なこと。
シカシ、決して無理をすることじゃない。
健康に任せて、がんばることと、無理をすることを
ごちゃまぜだったワタシ。

なんにでも「取扱説明書」がありますね。
使い方を誤れば、壊れるのは必然なんですね。
無理をしない勇気を勧められるのは、
近くにいるアナタだと思うのです。
(夫は自分がついていながら・・・気づけなかった自分を
 責めていたようです)



人を育てる加藤諦三(かとうたいぞう)さんのホームページ、
おかあさんはぜひ見てほしいです。




12月のポエム賞は30日までノミネート作品を掲載します。
ランキングボタン同様、『拍手』ボタンも、よろしくです。
拍手ボタンが反応していないこともあり、
ランキングの票と拍手の票との合算で大賞を決定します。



にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


 励みの応援1日1クリックお願いします。
  どちらか一方でオッケーです。
     (何度押しても10点加算だけです)



ブログランキング 16票



 

コメントの投稿

Secre

ふみごんさんへ

e-241
ふみごんさんも手術されたのですね。

私は悪い条件が重なりすぎました。
まず会社の健診で高血圧の原因の一つとして胆石が。
お医者さんにもよりますが、胆石は中年女性の3人に一人は持っている軽いものとの認識。
死に至る急性膵炎と結び付けていない人も多いこと。
病院嫌いで仕事も超多忙だったこと。

そんなものと、大きな落とし穴は腹痛が日曜日休めば翌日に消えていて、
嘔吐も疲れだと思い込んでいたことでした。

胆石の落下位置が少しでもずれていれば…。
「運が悪かった」という私に逆だと。
看護婦さんは「運が良かったから助かったんだ」と。

お腹は横一直線で、治療のため、
開腹したまま閉じず、212日後に自然とふさがりました。

夫は生きている人で、それだけの傷の者はいないと。
笑っちゃいます、医者でないのに、そんなこと言って…。
でも大きな傷跡は残りました。

連続性がないのは落とし穴ですね。
それと知識は邪魔にならないと。

私の病気で、周囲の意識はず分変わったと思います。

「病院嫌いの私がかわった~」という人ばかりですが、
変わらなければアホですよね。

まほさんは、胆石から難病になってしまったのですね。

実は、私も2年前、胆石が見つかり、腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けました。
健診の結果、GOTとGPTが高いことで再検査となり、胆石が見つかりました。私の場合、痛みもときどきあったので、手術が比較的早く決まりました。
手術は3箇所穴を開けるのみで、入院も5日間のみでした。2年経った今、傷跡さえほとんどわからないくらいになっています。

まほさんの仰るように、無理をしすぎない勇気も大切ですね。それから、健診もぜひ受けていただきたいと思います。

私の病気

v-285
私は徹夜も大丈夫な超健康体でした。
病気のことは、前の「つぶやき」で詳しく書いてあります。
よろしければ、知っておいていただきたいです。

http://blog.goo.ne.jp/miho-2005_2005/e/2f1e7ebbd8202eda16d45e2faeacb7e9

soraさんへ

e-241
そのようにおっしゃっていただけて、すごくありがたいです。
自分の詩をもう一度読み返したほどです。

「明日はきっと晴れるから」

ああ~つかれた
こんな毎日いやだよ~

あなたの心の叫びで
目が覚めた

何にも
変わっていないじゃないか
いいえ
これから変わっていくのよ

昨日から降り続いていた
雨も止んだ

いいように変わっていくの
変わらないようにしているのは
あなたの心

鏡を見て
にこっとしてごらん

きっときっと
あしたは晴れるから
未来を信じて
一緒に歩いていこうよ
一緒に前だけ向いて


最後のところをあったかい言葉と言っていただけてうれしいです。
私は病気で目覚め、呆然とし、
「なんで私が…胆石がこんなに怖いって誰も教ええてくれなかった…」と
すごく他の人を責めていました。

そんな中、前だけ向いて歩いていこうという言葉の前に
「いっしょに」と家族が言ってくれました。
すぐにはそんなk持ちにはなれませんでしたが、心にずっとありました。

ひとりぼっちなら元気になれなかったでしょう。
シカシ、応援してくれる人の存在は「生かされている」ことを
感謝できます。

ですからひとりぼっちという人がいらっしゃったら、
まほが「いっしょに」歩いていきたいです。
そうさせてほしいです。
ひとりで10キロの荷物を持つなら、みんなで持てば、少しは軽くなりますものね。

今日は15日。充分ご縁のある日です。

明日は、晴れるよね♪

まほさん、こんにちは。

勇気と元気を頂ける詩です。
本当に辛くて泣きたい時。
これから、どうしたらいいんだろうって
考え込んでしまった時。
もう、明日なんか来ないんじゃないかって
なんだか、独りだけ取り残されてしまったようで
不安になり、涙だけが零れます。

でも、
> きっときっと
> あしたは晴れるから
> 未来を信じて
> 一緒に歩いていこうよ
> 一緒に前だけ向いて
世の中には、それぞれの人が、
いろいろな悩みを抱えながら、
それでも、前を向いて、明日を信じて
生きている人が、沢山いますね。

> 一緒に前だけを向いて・・・
本当に、優しくて あたたかい言葉です。
私も、前だけを向いて、歩いて行きたいです。

いつも、元気を“ありがとうございます”

ブログ内検索

RSSフィード

オンラインカウンター
プロフィール

万歩(まほ)

Author:万歩(まほ)
日々の思いを素直に綴る
人生の足跡
身体は不自由でも
心は自由人でいたい
「110番ブログ」も
目指したい

ねこのきもち
Catch The Peace―絆
クリック募金
花園キャンペーン
XIMA
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
月別の詩
出逢えたみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。