スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無形文化財

 10月ポエム賞ノミネート作品(30)

こどもたちに
おかねを残して
あげることはできない

だから 今の私の
がんばりを
無形文化財として
残したい


2002.02.13



--------------------------------------------------

このブログの開設当初は
体が不自由という先入観もなく、詩を見ていただきました。
純粋(ひとりの人間の想い)に、
詩を読んでいただきたかったのです。
読者の方とも親しくならせてもらい、
少しずつ、まほという人間を想像いただけるように
補足しています。

私はお陰さまで、ふたりの子どもが授かりました。
ありがたいことに今では成人し、
社会の中で育ててもらっています。
「かわいい子には旅させよ」の心境です。
苦痛苦難はしあわせの道です。

わが子のことは分かっているようで
親はわかっていないものだと思っています。
ですからお若い方のブログで、学ばせてもらっています。

立派な親ではありませんが、私にできるのは暖かく見守り、
いざというときに頼りになる親でありたいと思います。
ひとりでは動けませんから、私の生き様(無形)と
詩(有形)を遺そうと思っています。




10月のポエム賞は30日までノミネート作品を掲載します。
ランキングボタン同様、『拍手』ボタンも、よろしくです。
拍手ボタンが反応していないこともあり、
ランキングの票と拍手の票との合算で大賞を決定します。



にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

 励みの応援1日1クリックお願いします。
  どちらか一方でオッケーです。
     (何度押しても10点加算だけです)



ブログランキング 20票

 

コメントの投稿

Secre

たびたまさんへ

v-288
そのように言っていただけてとても嬉しいです。

たびたまさんのお母様もお病気でしたものね。
そう言う親としてのお気持ちも、また子であるたびたまさんのお気持ちもわかる気がします。

ご両親のもとで親孝行されてみえた記事を読むと、
立派ですよ。
お心をこめて孝行されていますよね。

パパさんに対してもお優しいです。
私はそのままのたびたまさんで、
母親からすれば、元気にみんなに可愛がられ生活が
できていれば、もう安心でしょう。
たとえ、お母様が過去を引きずっていても、
たびたまさんの「ありがとう」というお気持ちは
届いていますよ。

みるく♪さんへ

v-287
ご返事遅れ申し訳ないです。

私は30代の頃、
私が悪くないのに、なぜ謝らなければいけないと涙したことがあります。
それが40代になってやっと気が付きました。

悪いのはアナタ。私は正しいと言い張ることが
人間関係をスムーズにしないもとだと。

気をつけてほしいことがある人がいますね。
でも本人が気づいていなければ、
文句を言う奴で終わり、平行線。

いかに相手に気付かせるか・・・これがカギ。

チャングムの誓いで皇太后へのクイズ…このようなものがないと相手の心を動かせません。

もうお分かりでしょうか。
誰にも欠点があるように、いいところも必ずあるのです。
人間って褒められればうれしいですね。
その辺を上手に引き出せたら、ダメな上司だけで終わらない気がします。

最もすぐには改善されないです。
北風と太陽の「太陽」であれば、
いいように変わると信じています。

tonaさんへ

v-520
お疲れなのに、ありがとうです。
そう言っていただけてうれしいです。

とんでもないですよ~。
お嬢さんのイラストのノートを大事にされています。
それに子はお母さんが生き生き楽しく過ごされているのがなによりですよ。

今のままでお元気が一番。
いろいろやられていて充実されていますもの。

楽しく旅行記拝見しています。
ありがとうございます。

ayaさんへ

v-287
あおさん、同様、いつもありがとうです。
ゆっくりコメントしたいなあっと思いながら、ご無礼しています。

厳しい、甘いの記事がありましたね。
私は厳しさの中にある優しさを感じます。
また、ぱっと見、甘い中にも優しさがある場合があります。

私は健康な時は自分に厳しく、他人にやさしいタイプだったのですが、
病後、自分にやさしく、他人にもやさしいタイプになりました。

そうじゃないと自分の首を絞め、苦しい生き方になると思ったんですよ。
本当に情けないほどできない。
努力していないのかといえばそうじゃない。
だったら他人にするように自分にも優しくって思ったんです。

いたずらに自分を甘やかすんじゃなく、努力は自分が認めようって。
だからやさしい自分にも厳しいところがあって、
また逆に厳しい中にも優しさがあるっていう、
おせんべいで言うと、甘辛のハッピータ~ンでしょうか?

ありがとうです。
詩をたくさん紡げたらいいですね。
また読んでくださいね。

たびたまの母も はやいうちに
病気になってしまいましたから
満たされなかった 仲良し親子の夢を
ずっと 引きずっているようです

精神的に 子離れできないでいることが
母にとって 障害になっているようにも思いますし
また 一方では
幸せとはいえない人生を生きてきて 老いた親に
優しくしたい という気持ちもあるので
どう接したらいいのか 途方にくれることがあります

「親が 頑張る姿を 残してあげたい」
ほんとうは それだけで もう 充分なのです
それだけで 子としては
心底 ありがたいことなのです

あおさんへ

v-287
いつも読んでくださりありがとうです。
お邪魔しているのですが、ポチだけで、
落ち着いてコメントをと思いながら、
できずにおります。

こちらにいただくコメントからも、
あおさんと生き方や考え方が似ているなあと思います。
これからもそんなあおさんで、いてくださいね。
私よりお姉さんかなって思いますが、ずっと下ですね。
どうぞよろしくです。

風邪の季節ですね。
明日は内科もあるので、気をつけますね。

素晴らしい

すごいなぁと
今日あらためて思いました

まほさん、『おかげさまで』
この言葉大事ですね(^_-)-☆

闘いドキドキですがまた、まほさんから勇気と智恵をお借りしたいですm(._.)m

本当にそうです。まほさんは世界一のお母さんです。
比較すると私は何も子どもに素晴らしい人間としての生き様を残していないことに気づきました。
最後に見苦しくなく、心の負担をかけないように、まほさんのようなものを残したいのが願望です。

まほさん、こんばんは^-^
人の生きる姿勢ほど心の強く響き、そして残ものはありませんよね。 
それを文字にして残せたら、目に見える物となれば
それ以上にどんなに有り難く嬉しいでしょう。

辛いときに思い出すのは、励みになるのは
人が人を想う気持ちとその人の生き様です。
溢れるほどの本当の愛は多すぎて困ることなどありません。
これからも、「まほさんの詩」をたくさん
読ませてくださいね^--^

こんばんは^^

お体のお加減はいかがですか?
北海道では今までになく、この時期にインフルエンザが
登場しているようです。
まほさんも気をつけてくださいね♪

私も決して良い見本となる親ではありません^^;
だけど、成ってないなりに成ろうとしているという
姿勢は見てくれていると思っています。
親は完璧である必要はなく、子も完璧である必要はなく
共に歩き共に成りゆく存在ですよね。
そして、大切な人生のパートナーでもあり
支えあう仲間でもある。

これからも有形無形のいっぱいの宝を
残していってください^^

レオさんへ

v-288
そうですね。
まほがどう生きたか・・・になると思います。
外見はカッコ悪いですが、
かっこいい生き方をしたいなあと思います。
かっこいいとは精いっぱいより善く生きることです。

よく人に聞くと、
もっと甘えてほしかったと聞きます。
だから家族には甘え、別のところで、
恩送りしたいです。
それがこのブログになれば、幸せです。

は~い、応援よろしくです。

鍵コメさんへ

v-287
ありがとうございます。
そうですよ。
私も病気に負けておられませんよ。
まだまだ伝えたいことありますもの。
ま~だだよ・・・です。

ひかりさんへ

v-288
いつもありがとう。
ひかりさんのご両親も一緒だと思うのですが、
子にはどんなにつらくても生き抜いてほしいと願っておられると思います。
そして、親として生き抜く力をつけてほしいと思って
おられるはずです。
親がいなくなったら生きていけないようでは困りますものね。

子から見たら親を鬱陶しく思うときがあるかもしれません。
でも親は自分の子が心配なんですよ。
愛しているんですよ。

親の背中をみてくれていると言ってくださって、ありがとう。

ふみごんさんへ

v-302
そのようにおっしゃっていただきありがとうです。
思春期の子ども時代は闘病中であり、私は知らずに過ぎました。

息子は何も言わずでしたが、
娘は親子連れをみると、もう自分はかなわないことだと涙したそうです。

反抗期は女の子の方が今は難しいようで、
男親として悩んだと思います。
ですから、お若い方のブログで娘の中・高校時代を
楽しく想像しています。

ふみごんさんのところもすぐ大きくなられますよ。

我が家はもう親子逆転。
お菓子なども握力ないから床にこぼしますよね。
そうするとせっかく掃除したのに…って。
「ごめんね。お母さんもちいさいころよく掃除したもの。
子どもと思ってこらえてね」というと
手のかかる子供やなあと言って、掃除機をもってきます。

まあ子も文句言っても仕方ないわと思っているのでしょね。
ですから、私はできる限り、親としての頑張りも見てほしいと思います。

生き様の足跡

まほさん、こんにちは。
今日のポエムは、生き方を示すという事ですね。
人間は、本当はそれ以外残すことができないと
私は思うんですね。(モノとか金以外で残すとしたら・・・。)
生き様と言うのでしょうか?
まほさんの生き様は、大きな足跡がつきそうです。

うんうん。夢中なもの。
応援してますからね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 無形文化財ですね。お金は残せないかもしれないけど、お金で買えないものを残せるからね。まほさんってすばらしいです。その気持ち、子供たちにも伝わると思います。子供は親の背中を見て育つって言いますね。がんばる姿、いつも見ていると思います。きっと、きれいな花を咲かせてくれることでしょう。
 

>「こんなこと言えばすぐやるのに」と言いました。
私は「ありがとう」と。
続けて、「人に言われてやるのと、自分が気が付いてやるのと、どっちが気持ちいい?」と
聞きました。
すると「なかなかいい心がけだ」とほめられました。(笑)

そうやって気付かないことはお願するというようになりました。

これってすばらしいやり取りですね。
子供の気持ちを尊重し、さらに、気づかせる。言い方が違えば、反感しか買わないと思います。
家庭の中で、すばらしい人間関係の勉強をなさっているな~と思いました。
うちはまだまだです。というより、うちの場合は社会の中で育ててもらっている部分の方が大部分です。
自分の足で躓きながらも歩んでいく姿を見守って行きたいと思っています。

お気をつけて、リハビリ行ってらっしゃい^^

みなさんへ

v-288
まほの今一番の関心事は?
http://www3.ezbbs.net/11/mihomaho/

ふみごんさんへ

v-287
いつも、コメントありがとうです。

そのようにおっしゃっていただけて、とてもありがたい幸せを思います。

我が家はもう成人したので、
ある意味、本人の意思を尊重型。

親は体験もあり、ついつい口を出しますが、
入院中、子供の心が痛いほどわかりました。

7階からひとりでエレベーターに乗って
車いすで1階の売店に行きたかったのです。
しかし「だめだめ危ないからついていく」と…。
看護婦さんの行動はもっともですが、
ひとりの力で試したかったのです。

その時、自分も子供におんなじことを
してきたと気づきました。
伸びる芽をつみ取っていたのです。
ありがた迷惑してきたなあと。

そんな思いがり、早く口出ししません。
20代には20代の行動パターンがあるからです。
あるとき子供が、
「こんなこと言えばすぐやるのに」と言いました。
私は「ありがとう」と。
続けて、「人に言われてやるのと、自分が気が付いてやるのと、どっちが気持ちいい?」と
聞きました。
すると「なかなかいい心がけだ」とほめられました。(笑)

そうやって気付かないことはお願するというようになりました。
体験するしかないんですね。

私は子どもが将来、つらいことがあったとしても、
へこたれず生き抜いてほしいので、口で言うより、
態度で示したいと思います。

お昼から、リハビリ、踏ん張ってきますね。

おはようございます^^

>立派な親ではありませんが、私にできるのは暖かく見守り、
いざというときに頼りになる親でありたいと思います。

私もまったく同感です。そういう親でありたいと思っています。

まほさんの生き様と詩は、まほさんのお子様だけでなく、私たちにも大事な遺産として徐々に積み上げられています。

ブログ内検索

RSSフィード

オンラインカウンター
プロフィール

万歩(まほ)

Author:万歩(まほ)
日々の思いを素直に綴る
人生の足跡
身体は不自由でも
心は自由人でいたい
「110番ブログ」も
目指したい

ねこのきもち
Catch The Peace―絆
クリック募金
花園キャンペーン
XIMA
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
月別の詩
出逢えたみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。