スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたが望めば・・・


「あなたが望めば・・・」

あなたは
しあわせに
生きたいんですよね

けれども
あなたのこころは
素直じゃないですね

「死んでしまいたい」って
言うんですから

でも
わたしには
「生きたい」と
願っている
あなたの叫びが
聴こえるのです

どうすれば
かなえて
あげられるんでしょう?

わたしが
生きてよ~
死ぬんじゃない~
・・・・・と
叫んでも
無理なんです

あなたが
こころから
しあわせに生きたいと
思わなければ
一時の気休め

あなたのこころを
苦しめている過去を
捨て去る覚悟は
ありますか?

わたしは
ただ
この世で
未来の
あなたと
おしゃべりしたいんです


2009.08.21




-----------------------

負けることは
失うことではありません。

逃げることが
失うことなんです。

立ち向かわないことが
失うことなんです。

(映画「西遊記」)



にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

 


ご協力いただけませんか。
ひとりでも多くの命を救いたいのです。
クリック募金・栄養食
50クリックで4食分の栄養食が。
あなた様には何の金銭も発生しません。
(私のブログで年間2000食以上を目指します)


※リンクをクリックしてから出た画像の四角の所をクリックで、
 1円の募金がはじめて完了です。
 説明が足らず、クリックだけだった方、申し訳ありません。
 この方法でご協力いただけたら、ありがたいです。
 教えていただいた方に感謝いたします。



★ぜひ多くの方に読んでほしいです。
    雪絵ちゃんの願い  こちら













テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

宇佐美百合子さんのエッセイ

人生で迷ったとき、
こうすれば後悔しないという方法があります。
それは、あなた自身が「美しい」と感じるのは
どっちかを自分の胸によく聴いて選ぶことです。
行動の基準を自らの"美意識"にするのです。

美意識とは、いわば"良心(善の心)に基づく判断"のこと。
普通はそれにしたがって動いた自分を、
あとで責めて悔やむようなことはないと思います。
別の言い方をすれば、
エゴに翻弄されて動いた自分にゲンメツしないように、
いつも美意識に問いかけて動くようにしましょう。



これは宇佐美百合子さんのエッセイ(2009/12/7)
「美しい心を大切に」の一部です。 
ホームページのエッセイをご覧下さい。 
http://www.iii.ne.jp/usami/

ありがとうです

>幸せになろうとしても、簡単にはなれません。
>過去を捨てないといけないです。
>過去は簡単には捨てられません。
>過去はその人の覚えていない過去もあります。
>あまりにつらい過去は、
>その人の思い出せない領域へ沈みます。
>その過去を思い出すつらさに耐えられないのです。
>過去に耐えられるくらいに強くならないとダメです。

うんうん、そうですね。
今、すごくつらいと思っていたことが、
歳を重ねると、小さく、薄らぐこともあります。

たとえば、赤ちゃんからしたら
50センチのぬいぐるみはとても大きいですね。
しかし、我々から見たら、大きく感じませんね。

人の感情も変わっていきます。
わたしは、あれほど自分のことが許せず、
後悔は一生消えないと思っていましたが、
そうじゃありませんでした。

せいぜいあと、50年の命です。
50年もずっと嘆きの人生は嫌です。
これが20代のまほなら
くさっていたかもしれませんが、
悩み抜いたうえで、
やっぱり、過去にとらわれすぎていたら、
あかるい未来は築けないと思いました。

感情はかわります。
だから、みかさん、だいじょうぶ。
しあわせに生きることをあきらめずにいてください。
みかささんにふさわしい時期ってくるんですから。。。

みてくださいな

まほの詩の一部を書にしてくださいました。

http://mahonoai.exblog.jp/9460495/

おはようございます

今日は12月19日、土曜日です。
お天気は晴れですが、うっすら雪が舞ったようです。
みなさん、あったかくしてお過ごしくださいね。

さて、毎週のことですが、起きるのが遅くなりました。
疲れてはいないのですが、早く目覚めなくて・・・・。
でも、こうやって、朝を迎えられて今日という日があること、
ありがたいしあわせを思います。

泣いたり、怒ったりと
忙しい感情を持っている、わたしですが、
泣くも怒るもなくなったら、
まほは天に還った時だなあなんて思います。

生きているから、考え・悩むし、
生きているから喜びも悲しみもある。
その感情を、その人なりにバランスをとっていられるから、
人は生きていけるのかもしれません。

自分自身を保つために、
強がったり、人をねたんだり、うらやんだり。

ねたみやうらみを持っていたら、
しあわせにはなれないと、
アタマではわかっていても、
心がそれを許さない…
といいますか、許せないのでしょう。
そのために人を傷つけたり、
自分を傷つけたりするのだと、
今のまほには思えます。

無理して、無理して、
そういう感情は排除しなくてもいい。
だって、だって、きっと きっと
あなたは、まほの年までいきてくれますから。。。

No title

 幸せになろうとしても、簡単にはなれません。過去を捨てないといけないです。過去は簡単には捨てられません。過去はその人の覚えていない過去もあります。あまりにつらい過去は、その人の思い出せない領域へ沈みます。その過去を思い出すつらさに耐えられないのです。過去に耐えられるくらいに強くならないとダメです。
 幸せになるためには、強くならないといけないです。そして、素直にならないとダメです。素直になって、自分を受け入れることです。私もできてないです。私も強くなって、素直になって、幸せになりたいです。

ブログ内検索

RSSフィード

オンラインカウンター
プロフィール

万歩(まほ)

Author:万歩(まほ)
日々の思いを素直に綴る
人生の足跡
身体は不自由でも
心は自由人でいたい
「110番ブログ」も
目指したい

ねこのきもち
Catch The Peace―絆
クリック募金
花園キャンペーン
XIMA
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
月別の詩
出逢えたみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。