スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢は無限大


「夢は無限大」

あのころは
あとどれだけ泣けば
涙は涸れるのか・・・

あとどれだけ我慢すれば
強くなれるのか・・・

あとどれだけ強くなれば
笑えるのか・・・
真剣に考えていた

いまは
「どれだけ」と
期限を設けることはない

夢は
あきらめなければ
無限大だから


ありがとうはまほ(う)のことばブログにて
「ありがとう」の詩集・84篇掲載中 こちらをクリック


-----------------------

過ちは、成功に不可欠です。
何度も間違いを起こすことなしに、
値打ちのあることを
成し遂げたなどという人はいません。
完璧な成功は完璧な愚か者の理想です
(自分に負けない生きかた、デヴィッド・シーベリー)



にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

 


ご協力いただけませんか。
ひとりでも多くの命を救いたいのです。
クリック募金・栄養食
50クリックで4食分の栄養食が。
あなた様には何の金銭も発生しません。
(私のブログで年間2000食以上を目指します)


※リンクをクリックしてから出た画像の四角の所をクリックで、
 1円の募金がはじめて完了です。
 説明が足らず、クリックだけだった方、申し訳ありません。
 この方法でご協力いただけたら、ありがたいです。
 教えていただいた方に感謝いたします。



★ぜひ多くの方に読んでほしいです。
    雪絵ちゃんの願い  こちら













テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

ありがとうございます

突然でびっくりしています。
大晦日の収穫を狙い、12/1に種をまく予定でしたが、
ぎりぎり明日収穫できます。

いえいえ、こちらこそです。
どうやらバージョンアップのための終了のようですね。
再開しましたら、またよろしくお願いしますね。

疲れを癒すいい憩いの場でしたものね。
明日一日、感謝を込めお世話させていただきます。

お声をかけていただいて、とてもうれしかったです。
ありがたいしあわせを思います。

No title

こんばんは。

大変でしたね。
でも、骨折しなくてよかったです。

ドリームファームでお世話になったお礼を言いたくてコメントさせてもらいました。
今年は忙しくてなかなか種まきできませんでしたが、まほさんには本当にお世話になりました。
ありがとうございます。
ファームもまた違うかたちでスタートしてくれるといいですよね。
それまでお元気で・・・。

ありがとうございます

わたしが思い浮かべるのが、この人の言葉です。

私たちにとって敵とは、
「ためらい」です。
自分でこんな人間だと思ってしまえば、
それだけの人間にしかなれないのです。
(ヘレンケラー)


やはり、自分の心に、
しあわせに生きたいと強く思わないと、
幸せに気付きにくいと思うのですうね。

ヘレンケラーさんが3重苦なのに、
偉人さんとして名を残し、
我々に伝えていってくださっていることばは
重いと感じるんです。

そうですね。
みかささんはよくわかっておられますが、
お小さい時の心の傷は、
理屈ではなく簡単に消えませんよね。
でも、思い続けたら、いつかきっと叶います。

そうして、喜びあいましょう。
みかささんが30代になったら、
すごく輝いた女性になっておられるんじゃないかな。

ありがとうございます

聖フランチェスコの祈り 、深い深い詩ですね。

そうなんですよぅ。
早いものですね。
携帯電話のアドバイスもいただきました。
思い出せば、涙になる話ですが、
過ぎてしまえば、傷は薄くなっているのですね。

忘れることができないのは、やはり2年半の入院と
目覚めるまで見続けた夢です。

2007年の秋にはトイレから立ち上がれず、
便座に2時間座って、家族の帰りを待ちました。
何回も大ピンチをくぐり抜け、本当に今こうして
元気でおられるありがたさを思います。

神さまが助けてくださったなら、
まほをこの場で終わらせてはいけないという慈悲でしょうか。
本当に幸運があるのだと感謝です。


Leoさん、
わたし思うんですね。神さまはよく見ておられると。
ですのでね、今はつらくても永遠じゃないですし、
きっと望みはかなえられます。
さなかは、そういう風に思えませんよね。
わたしもそうでした。

昨日のマッサージの時に考えていたことがあります。
人は期待するじゃないですかぁ。
期待しすぎて落胆やショックってありますね。
自分より、人さまに期待し過ぎると、かなわなかったとき、
裏切られたように落ち込みますよね。
期待するって、ほとんどが短い時間で、
目先のことじゃないですかぁ。

思ったんですね。
期待するというのと、希望を持ち続けるのとは違うって。
希望って、ロングじゃないですかあ。
希望は変化させられるし、落胆には変わんない気がしたんですよ。

そうしたら車いすから落っこちた件を思いだして。
そうだ、あの時は期待はしていなかったけれど、
希望は捨てていなかったって。

だから、Leoさんも、きっときっと、夢は叶います。
まほが自信を持って言います。
愛のある人のところには、しあわせが訪れます。
信じて、待っていてください。

わたしはなんの力もないけれど、
しあわせになられることを祈ることと、
自分のリハビリで人さまの痛みを万分の1だけ
もらうことはできますよ。

No title

 夢は無限大、いい言葉です。どこまでも進んでいける気持ちですね。自分の制限をつけないで、自由に夢を見れたらいいですね。
 夢を考えるとき、自分はそんな資格がない、とか考えます。自分が幸せになれるはずがないって。そんな思いがブレーキをかけるのだと思います。子供のときからの積み重ねだと思います。その悪い考えを断ち切りたいです。
 自由に夢を見る。すごく自由だと思います。まほさんはできてると思います。私も自由な夢を見たいです。

あの時から・・・。

1年なんですね。まほさん・・・。

本当に、最小限のケガだけでよかった。
神様に感謝したいです。
友の痛みは・・・私の痛み・・・。

「夢は無限大∞」ですね・・・。私の夢も、叶うかな・・・。
いつか・・・。いつか、きっと。
幸せな家庭を体験したい。争いのない平凡な食事ができる家庭・・・。
両親が小さいときから今も争ってばかりの私には、争いやぐちのない家庭をあまり知らないのです。

とはいえ・・・。愛は求めると遠ざかり、与えるとそこにある。
意識のない世界です。

大好きな詩を、ここに書きますね。(以前も書いたかも、しれませんが・・・。)

○ 聖フランチェスコの祈り

主よ、貧困と飢えの内に生き死ぬ世界中の同胞の為に働く私たちを
そのことにふさわしい者にしてください。

私達をあなたの平和の道具としてお使いください。

憎しみのある所に愛を
争いのある所に許しを
分裂のある所に一致を
疑いのある所に信頼を
誤りのある所に真理を
絶望のある所に希望を
闇に光を
悲しみのある所に喜びを
もたらすものとしてください

慰められるよりも慰めることを
理解される事よりも理解することを
愛されるよりも愛することを
私が求めますように
私達は与えるから受け
許すから許され
自分を捨てて死に
永遠の命にあずかるのですから

http://www.happy-genki.com/good_prayer.html

まほさんの生き方の中に、平和の道具として徹する何かを感じるのは
私だけでしょうか?
私はクリスチャンではありませんが、美しく雄雄しく愛を語るこの詩が大好きです。

朝、泣いちゃったまほさんへ・・・。

私も、泣いちゃいました・・・。あのときのまほさんが、今、元気で本当によかった・・・。



ありがとうです

書いている自分もヒヤヒヤでした。

昨年のブログ記事、冷静沈着なんですね。
人間の感情の不思議を思います。

きっと、きっと、読者のみなさんに心配させたくないという
ちょっぴりカッコつけたまほだったかもしれません。

--------------------------

手短に記事にしていました。
2008.12.05
http://maho1125.blog75.fc2.com/blog-entry-821.html

2008.12.06
http://maho1125.blog75.fc2.com/blog-entry-816.html

2008.12.07
http://maho1125.blog75.fc2.com/blog-entry-817.html

No title

おはようございます。

読んでいくうちにヒヤヒヤしました。

骨折してなくてよかったと思い、でも大変でしたね。

追記

涙は出ていたかもしれない。
心の中は安堵の涙だったと思う。
一年後に思いだすと、
「涙も出なかった」という表現になる。
どうしても、どうしても、どうしても…。
期待はしていなかった。
でも希望だけは捨ててはいなかった。

おはようございます

今日は12月16日、水曜日です。
お天気は曇り、寒いです。

去年の今頃は、トイレからの戻りで、
車いすの移譲に失敗。
床に落ちました。
平日でひとり。糖尿病ゆえ、低血糖になる恐れも。
しかし、歩けない私が、車いすから落ち、
どうすることもできない状態。

このまま、トイレの床に寝ているしかないのか?
さあ、どうする、まほ・・・。

とにかくトイレを脱出しようと、
体をひねり体を起こし、廊下をお尻で滑って、
居間までたどり着くため必死。
なんとか、居間のドアノブまできました。

ドアノブの位置にぎりぎり届く「うで」。
なにしろ車いすでは大丈夫でも、
床にお尻をつけたままだと相当高く感じられるドアノブ。
あぁ~、手が長くて、よかった。

なんとか、暖房の入っているあったかい部屋に来られました。
ここにはパソコンもお昼のお弁当もお薬もある。
ただし、車いすに乗った「まほ」なら自由に何でもできます。
今の私にはパソコンも無用の長物。

さて、どうするべきか。
まず、落ち着いてみた。
そうだ、電話をしよう。
固定電話機には車いすじゃないと手が届かない。
あぁ~、だめか…とふと目をやると、
電話の子機が目に入ります。
手の届く位置にありました。
電話は病気で耳が悪くなってから使っていません。
子機の使い方も、あやふや。

でも実家の電話番号は覚えていたので、
とにかく、ボタンを押し、助けて~とだけ叫んだ。
相手が出たかどうかも聴こえない。
・・・が、適当に無言の間をおいて切った。

もうすべきことはした。
居間の床にねっ転がった。
こうやって、落ち着こうとした。
もう、運命を天に任せるしかなかった。

すると、人が来た。
・・・母だった。
母は無言電話を不審に思い、来てくれたのだった。

玄関を開けると、車いすは空っぽで、娘がいない。
心臓が止まるほど驚いたに違いない。
けれど、居間の床にねっ転がっている、まほを見て、
すべてを悟ったようでした。

これで助かった。助かった。助かった。
涙も出なかった。
母が妹に連絡し、体を引き上げ、
なんとか車いすに乗せてくれました。

これで安心と思ったら、
車椅子から落ちた時にひねったひざが
痛みだしました。
もうわたしの足は90度しか曲がらず、
正坐はできないのです。
足を投げ出すしかなく、
家族もいすの生活になりました。
だから、車いすの失敗は骨折する以前に、
筋肉が切れると、言われています。

翌日、整形に行き、ねんざと判明。
骨折ではなく、不幸中の幸いでした。
でも痛みで、トイレには行けず、
車椅子に座ったままでおしっこをとる女性尿器で
母や妹に、約1ヶ月助けてもらいました。

そこで、このことを教訓に
携帯電話を首からかけ、
実家へ無言電話があれば、
まほのSОSとしてもらうことに。
ついでに、ちょこっとメールも覚えました。
でも、肩が凝ります。数行で。

やっぱり、パソコンがいいです。
あんなちっちゃいところから長文を打てる人、
すごいなぁと思います。

トイレ対策は万全ですが、
たまに携帯の電源切れにヒヤッとしています。

思いだし、涙になり…
長文を読んでくださって、ありがとうございました。

ブログ内検索

RSSフィード

オンラインカウンター
プロフィール

万歩(まほ)

Author:万歩(まほ)
日々の思いを素直に綴る
人生の足跡
身体は不自由でも
心は自由人でいたい
「110番ブログ」も
目指したい

ねこのきもち
Catch The Peace―絆
クリック募金
花園キャンペーン
XIMA
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
月別の詩
出逢えたみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。