スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたへのメッセージ


「あなたへのメッセージ」

あなたは
数年前から
自分の誕生月が
嫌いになったと言った

愛する人が
亡くなった月だからと

それを聞いて
あなたの
深い悲しみを
知った

かなしいね・・・
さみしいね・・・

でもね
亡くなった人は
最期まで
あなたの幸せを
望んでいたはず

だからね
亡くなった人への
供養として
誕生月を
もっともっと
しあわせな月に
しましょうよ




-----------------------

道はおもしろい。
どこに繋がるかわからない
粗末な道であればあるほどおもしろい。
思わぬ世界に導いてくれたりする。

(くじら坂で、あさのあつこ)


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

 


ご協力いただけませんか。
ひとりでも多くの命を救いたいのです。
クリック募金・栄養食
50クリックで4食分の栄養食が。
あなた様には何の金銭も発生しません。
(私のブログで年間2000食以上を目指します)


※リンクをクリックしてから出た画像の四角の所をクリックで、
 1円の募金がはじめて完了です。
 説明が足らず、クリックだけだった方、申し訳ありません。
 この方法でご協力いただけたら、ありがたいです。
 教えていただいた方に感謝いたします。



★ぜひ多くの方に読んでほしいです。
    雪絵ちゃんの願い  こちら













テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

ありがとう

Leo さんも、愛さんと同じような
体験があられるんですね。

わたしもそう思います。
おかあさんには幸せになってほしいだろうし、
いつもかあさんのことを空から見守ってくれていると、
おもいます。

赤ちゃんを安心させるよう、
しあわせに生きなきゃですね。
赤ちゃんも、あちらで成長していますもんね。。。

ありがとう。

ありがとう

そうですよね。
幸せになることが一番の供養だと思います。

いっぱい泣いて悲しんで、
そうして歩きだしたいですね。
無理矢理元気になる必要ないですものね。

故人が喜ぶ自分だったら、
心に生き続けてもらえますね。

ありがとう。

きっと・・・。

まほさん、こんばんは~♪

下記コメントの愛さんと同じ・・・。私も、たったひとり授かった子供がお腹の中で亡くなりました。
でも・・・きっと。
その子は、星になっているのだと思います。
空を眺めるのが、私は楽しみなんです。

私にとって人様の子供たちは、自分の子供と同じ。
人様自身も同じ。そういう気持ちがどこかにあります。

この世界のみんな一部。そう思うと、自分を愛するように人様を愛せるような気がします。
自分の子供に対してなんの見返りもなかったように・・・。
人様に対しても、そこにある出来事がよかったらそれでよかったと思えるように・・・。

No title

大切な人が亡くなるのは悲しいです。立ち直るのに時間がかかります。ずっとそのままになるかもしれません。亡くなった人のことは忘れてはいけないと思います。でも、考えすぎてもいけませんね。その人の分まで生きる気持ちになれたらいいのかな?幸せになることが一番の供養かもしれません。

 

そうでしたか

わが子をお腹で亡くすほどつらいことはないと思います。
良く乗り越えてこられましたね。

わたしは運良く、当たり前のように出産できましたが、
いのちが授かり、産むことができるというのは、
ありがたいことだったんだと、
今更ながら感謝です。

深いお悲しみを乗り越えた愛さんが共感してくださるなら、
こころ強いです。

供養は故人が喜んでくれる自分になることだと信じます。
残された人がしあわせなら、喜んでくれますね。
わたしもそのような生き方をしたいと思います。

伝えたい方のお心に届きますように。。。

No title

こんにちは。

リハビリ、お疲れ様です。

大事な人を亡くすほど悲しいことはありません。
私も若い頃に8ヶ月で、お腹の中で赤ちゃんが死んでしまいました。
泣いて泣いて、落ち込んで立ち直るのに時間がかかりましたが、
泣いていても前へ進めないのですよね、返って不幸になるだけです。
子供もそんな母親を上からみていて、喜ぶはずないですよね、
悲しんでいるだろうと思え、前に進めました。供養もしてあげないといけませんし。

まほさんの詩のとうりだと思います。

ただいま~

リハビリから帰ってきました。

火曜日・8日より寒いです。
お天気も陰ってきました。

さて今年のリハビリも残すところ、5回となりました。
・・・そこで、わたしは締めくくりとして、
5回の累計を目標2キロと決めました。
最低でも13往復・390メートル(サンキュウ)に設定です。

振り返りますと、昨年の半分以下の歩行距離が、
現在のまほの実力です。
オーバーワークにならないよう頑張り過ぎず、
そうかといって、ここぞという時は踏ん張ってきました。

今日は歩行器で14往復・420メートル、マシン350回。
このマシンの350回の所要時間は
な・なんと9分36秒なんです。
8日に11分47秒でしたから、2分以上縮めたわけです。

これに、とっても気分を良くしました。
また次回も踏ん張れそうです。
みなさん、応援をありがとうございました。

おはようございます

今日は12月10日、木曜日です。
お天気は晴れ。いいお天気のようです。
今朝は早くにカーテンを開けました。
6時10分ぐらいですが、真っ暗です。

こんな暗い中、新聞配達の人や牛乳やさんは、
お仕事されているんだと思うと、
自分はぬくぬくとお布団で寝ていられる
幸せを思いました。
どんなに寒い冬が大変か。
感謝しかないですね。

さてさて、この新聞、
わたしにとったら、とても厄介で、
ちゃんと読んだことないのです。

なぜかというと、握力がないことが影響するんです。
新聞を開くことはできます。
しかし、ちゃんと折りたためないんです。
あんな簡単なことが・・・です。
手紙の紙なんて、折りたためません。
なぜなら必死でやればやるほど、
紙はぐちゃぐちゃになるんです。
・・・というわけで、新聞を読むことはありません。
たまに、開かなくてすむ一面をみることはありますが、
もっぱらネットで、ニュースは知ります。

わたしがひとりでできるのは、
はがきの印刷。
プリンターにも、車いすで固いはがきなら入れられます。
切手を貼るのは、残念ながら、自分ではできません。
そうであれば官製はがきが便利と思われるでしょう?
ふつうはそうなんです。

でも、わたしは文字を書けなくて、
両面パソコン文字じゃないですかぁ。
ひとつでも、相手さんに心を伝えたい場合、
切手というのは「まほ的」に、重要なのです。

50円切手・・・すごい種類があるんですね。
だから結構持っていて、
あれこれ選ぶ時間も楽しいですよぅ。
たった50円で心が贈れるって、
すごいと思われませんか?

お昼から、リハビリです。
今年もあと5回で終了です。
悔いのないように踏ん張ってきたいと思います。


ブログ内検索

RSSフィード

オンラインカウンター
プロフィール

万歩(まほ)

Author:万歩(まほ)
日々の思いを素直に綴る
人生の足跡
身体は不自由でも
心は自由人でいたい
「110番ブログ」も
目指したい

ねこのきもち
Catch The Peace―絆
クリック募金
花園キャンペーン
XIMA
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
月別の詩
出逢えたみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。