スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたりまえの幸せ


「あたりまえの幸せ」

一番のあたりまえって
今日があるということ

ついつい
辛いことに目を向けて
思い悩んだり

でもでも
それが生きているってこと

お天気だって
晴れの日ばっかりじゃない
くもりの日もあれば
雨の日もある

だけどだけど
今日という日がある

泣いていても
笑える日が来る
たとえ体が不自由でも
こころは自由になれる
不幸なときがあったとしても
幸せな日はかならず来る・・・

すべて
今日という日が
繰り返されるおかげ
これって
一番の幸せなんじゃないかな

手に入れたくても
できなかった人はいっぱいいる

あたりまえだけど
忘れてはいけない
感謝だよね

あなたが
生きたくても
生きられなかった分
大事に大事に
生きるから

そっとそっと
見守っていてください



ありがとうはまほ(う)のことばブログにて
「ありがとう」の詩集・84篇掲載中 こちらをクリック



-----------------------

恋人だろうが、友だちだろうが、
「この人の信頼だけは失いたくない」
と思える人がもっとも大切な人なのだ。

(恋愛の格差、村上龍)


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

 


ご協力いただけませんか。
ひとりでも多くの命を救いたいのです。
クリック募金・栄養食
50クリックで4食分の栄養食が。
あなた様には何の金銭も発生しません。
(私のブログで年間2000食以上を目指します)


※リンクをクリックしてから出た画像の四角の所をクリックで、
 1円の募金がはじめて完了です。
 説明が足らず、クリックだけだった方、申し訳ありません。
 この方法でご協力いただけたら、ありがたいです。
 教えていただいた方に感謝いたします。



★ぜひ多くの方に読んでほしいです。
    雪絵ちゃんの願い  こちら













テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

ありがとね

ファームでお世話になって、
忘れずにいてくれたんですね。
ありがとう。

そうだったんですね。。。
これを読んでもらえてよかったぁ。
はーちゃんっ の清らかな涙を流してもらえてもん。
泣いちゃいけないって我慢していたでしょう。

かなしいね。。。
いいんだよ。我慢することないからいっぱい泣いてね。
愛する人の旅立ちだもん。

はーちゃんっ 、
私は思うのね。こんな風に…
亡くなった人がどんな自分だったら喜んでくれるかなあって。
そうしたらね。しあわせに生きることが供養だと思えてきたの。

泣きたいだけ、悲しんだら、故人を安心させるように、
生きていきたいなあって。

だから、この詩を読んで涙してくれて、
まほは、とてもしあわせに思います。

きっと、はーちゃんっ の愛した人は、
はーちゃんっ の心に「やさしさ」を
プレゼントして行ってくれたはず。
はーちゃんっ の涙がやさしさに代わっていきます。

覗いてくれてありがとね。
またいつでもメールしてね。

日に日に愛する人のこと思い出すと思うけれど、
いっぱい思いだして、いっぱい泣いて
再会できる日を楽しみに生きてね。。。

今日、告別式でした…。

まほさんの詩に涙がでてきました。

ありがとう

よかったですねえ。
検査とかだと最悪を想定しますよね。
わたしもそうでした。覚悟を決めておかないと、
最悪の事態を受け入れられないというか、
ショックを少しでも少なくするためでした。

それからは、朝目覚めるとありがたい気になれました。
そうすると、歩けないことなど、ほんの小さなことに思えました。
今、家族と一緒に住める、
こうしてブログができるしあわせに感謝です。

おっこさん、明日朝一で
新型インフルエンザの予防接種してきますね。

No title

まほさんこんにちは^^

本当にその通りですね。
忘れてしまいがちな事ですが、
当たり前の日々に感謝ですね。
改めて思いました。

今日は私も定期検査でした~
数か月前までは、自分の命の終わりさえ考えていたので
まだまだ手放しでは居られませんが、
今この瞬間こうしていられることに感謝かみしめてましたよ~

まほさんも、お身体大事にb

ありがとうございます

そのようにおっしゃっていただけて感謝です。

>当たり前のことに感謝できず、後ろばかり見ては
>思い悩んでる自分がいます。。
>切り替えなきゃって思ってもなかなかそうは行かなくて。
>劇的には変わらなくとも、少しづつでも前向きになれたら
>そして、感謝できたらと思います。

うんうん、みんなそうです。
歳を重ね、当たり前に感謝できるようになってきます。
むりに切り替えなきゃと思うと、余計心が苦しいですよね。
待ってあげればいいんです。
今のありのままの感情を受け入れて、よ
よしよし、いいんだよって声をかけてあげてくださいね。

私は病気をするまで横着で不足を思っていました。
はたから見たら、しあわせなはずでした。
車椅子になって、何も自分でできず、
耳もほとんど聴こえなくなりました。
第三者はかわいそうにというでしょう。

でも、まほはかわいそうな人間でも
ふしあわせな人間でもないのです。

健康な時より、
ずっと幸せだし、うれし涙もたくさんながします。
しあわせはいつも自分の心が決めると
みつをさんがおっしゃったとおりでした。
だから、無理に頑張る必要はないなあって。
自然体が心に一番やさしいなって。

読書、多くないのですよぅ。
これらはいい言葉ねっとから引用です。
http://www.e-kotoba.net/
心に響く言葉がいっぱいあります。
私はやさしい言葉に救われたので、
読者さんにも言葉のシャワーを浴びてほしくって、
転載させてもらっています。
ぜひ覗いてくださいね。悩みごとで、いい言葉が探せますよ。

いのちは大事ですね

こんにちは。
生きるというのは苦しいことです。
歳を重ねたら、なおさらですね。
何も心配せずにおれた子どものころとは違います。
小さい時でも苦はあったんです。
でもそういうことに気付けずにいた、
もしくは周囲が支えてくれていたわけですね。

大人になりますと、社会の複雑な関係があります。
人間関係も難しくなります。
なぜなら、生き方・考え方が自分と同じではないからです。
嫌いな人とも仕事をしたりしなくてはなりません。

そうなってくると、
双方が理解し合わないと、うまくいきません。
人間的に成長しなくてはなりません。
そこに苦悩することもたくさん出てくるわけですが、
「苦」は宝かも知れません。
悩み苦しむ中で、人は成長できるんですから。。。

No title

こんにちわ^^
いつもまほさんの言葉にハッとさせられてます。

当たり前のことに感謝できず、後ろばかり見ては
思い悩んでる自分がいます。。
切り替えなきゃって思ってもなかなかそうは行かなくて。
劇的には変わらなくとも、少しづつでも前向きになれたら
そして、感謝できたらと思います。

村上龍さんも、浅田次郎さんも私の大好きな作家さんで
嬉しくなりました。沢山の本を読まれてるんですね。
大切にしたい人が居る、ということは幸せなことだと
まほさんから教えてもらえた気がします。
ありがとうございます^^

よろしければ

まほ再起に懸ける(1)(2)は、
こちらでもお読みいただけます。
http://mahonoai.exblog.jp/9320396/

おはようございます

今日は12月2日、水曜日です。
お天気は晴れ、ちょっと寒いです。
あったり前ですね。なんと言ってももう12月ですから。

さてさて、先月末から、
まほ、再起に懸けると題して、文字を書くことを思い出し、
記事にしています。

今まで気づいていなかったんですが、
ある若いお医者さんの一言で、
「パソコンなんてあてにするもんか」と思い、
ひらがなを自分の手で書くことに火がついたわけです。

わらっちゃいません?
今のまほは「パソコンさまさま」なんですよね。
おもしろいものですね。
本当に感情とはこんな風に、
時間の経過と共にかわるんです。

わたしは「ただしい」と思っていたことが、
後で「まちがっていた」と感じることも、
少なくない年齢になりました。

さてさて、本題に戻しますと、
最初、小学生が使う国語ノートに
「あいうえお」を書きました。
よめるものじゃありません。
お世辞にもうまいと言えない文字。
その時思いました。
ちっちゃい子が、どんなにお母さんの顔を
可愛く描こうと必死であるかを。

あのいびつなまるの線に、
「大好きなママへ」という思いが込められていると。

私はまるさえ描けませんでした。
あんな簡単なことが・・・・ですよ。
幼児と一緒と思いました。

でも、この思いは
年齢だけ「おとな」である私の「傲慢」でもありました。

なぜなら、お世話になっている看護師さんの顔を
美人に描くねと言ったにも関わらず、
あの幼児が描く輪郭の線は私にはついに出せませんでした。

私は大変思いを込め、
看護師さんの顔を喜んでもらおうと必死でした。
でも、わたしは、幼児にみえる行動しかできなくても、
一度世の中を知った「おとな」でした。。。

そんな思いを胸に文字の練習を毎日続けました。
リハビリと食事以外は文字ばかり書いていました。
多い時は8時間ぐらい練習しました。
ノートも5日もすればなくなりました。
ノートとサインペンは近くに「百均」があったので
調達してもらいました。

2ヶ月ぐらいで、
かなり小さいひらがなが書けるようになりました。
きったない文字なのに、
周囲の人は「すごい」「上手」と褒めるのです。
大人でも褒められれば、うれしくて、
「もっともっと上手になりたい」という意欲をくれました。

褒めて伸ばすことの大切さを思うと同時に、
握力「5」でも、文字は書けると証明できたことが、
大きな自信となりました。

振り返りますと、
この文字を書こうとするきっかけがなかったなら、
10年たった今でも、
寝たきりで無気力なまほだったに違いありません。。。

No title

 おはようございます。久しぶりにコメントしますね。生きてるってこと、すごくありがたいことですね。つらいときもあるけど、そんなときこそ、思い出さないといけないです。今日があるってこと、すごいことです。命は大事です。大切に生きないとダメですね。
 まほさんは自分の命を大事に生きてると思います。大丈夫です。たくさんの人が見守っています。私も今日という日を大事に生きようと思いました。

 寒いですね。あったかくして過ごしてください。もう12月です。年越しの準備、早めに始めましょう。それでわ。

ブログ内検索

RSSフィード

オンラインカウンター
プロフィール

万歩(まほ)

Author:万歩(まほ)
日々の思いを素直に綴る
人生の足跡
身体は不自由でも
心は自由人でいたい
「110番ブログ」も
目指したい

ねこのきもち
Catch The Peace―絆
クリック募金
花園キャンペーン
XIMA
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
月別の詩
出逢えたみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。