スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しみの比較は

「悲しみの比較は」

「ワタシだって
我慢しているのよ
そんな不満は
言うべきではないワ」

これって
おかしいと思わない?
こういう決めつけ方
ひどくない?

みんなそれぞれに
感じ方は違うよね
ひとりひとり
顔が違うように

悲しんでいる人に
我慢せよと
言うべきではないんじゃない?

それよりも
悲しみが
小さくなるような
言葉かけができるたら
すてきじゃない?

なぜなら
悲しんでいる人に
悲しむなと
いうのは
おなかがすいている人に
食べるなというのと
おんなじようなものだから

ワタシは
アナタにはなれない
けれども
99.99999…パーセント
近づきたいという
人間もいるんだと
信じてほしい

歳月は
漢方薬のようなもの

じっとじっと
アナタが
元気になるまで
待っているわ

ずっとずっと
アナタが
元気になるよう
祈っているわ

2008.04.02



-----------------------

人生は他人を負かすなんて
ケチくさい卑小なものじゃない。

(強く生きる言葉、岡本太郎)


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

 


ご協力いただけませんか。
ひとりでも多くの命を救いたいのです。
クリック募金・栄養食
50クリックで4食分の栄養食が。
あなた様には何の金銭も発生しません。
(私のブログで年間2000食以上を目指します)


※リンクをクリックしてから出た画像の四角の所をクリックで、
 1円の募金がはじめて完了です。
 説明が足らず、クリックだけだった方、申し訳ありません。
 この方法でご協力いただけたら、ありがたいです。
 教えていただいた方に感謝いたします。



★ぜひ多くの方に読んでほしいです。
    雪絵ちゃんの願い  こちら













テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

遅くなりました

>どうして人間は、自分の痛みにめっちゃくちゃ弱いのに
>他人の痛みには耐えられるのか・・・。

これは、わたしも思うことです。
人さまの痛みに耐えていけなかったら、
みんな生きられないんだと思います。
知らない人の哀しいニュースを聞いて、涙は流しても、
身内のようにご飯がのどを通らないというようなことは
ないですよね。

自分の痛みを「でっかく」感じるのは、
やはり一番自分が大事で愛しているからだと思います。
自分が生き抜くために、
苦しんで自分の心を守っているんだと思います。
泣いたり、怒ったり、生きているからこそ、感情が出せます。
自分の辛さを、みんな分かってほしいのです。

>だからこそ、わかちあう経験が
>人様も自分も幸せにするのだと思います。
>痛む人間の痛みを待つのは大変ですが、
>頼ったり頼られたりする関係って人間を幸せにしますね。

おっしゃる通りだと思います。
人さまを思いやるには
苦しいという体験がなくては駄目なんです。
人の苦しみには100年だって耐えられるのに…と
思えた時、人さまの気持ちを尊重できると思います。
わたし=あなたではないということです。

たとえば、
われわれは100グラム3000円のお肉って、
悩みませんか?高いなあって。
でも100グラム3000円の美容液なら
迷わず買うと思うんですね。

同じ3000円でも、こんな風に違います。
人さまの感じ方も、自分と違って当然。
そこで、分かち合うという心構えが、
人さまの理解へとつながります。

まほをやさしいと感じてくれて、ありがとう。
私と出逢ってくださった人は、
みんなっしあわせになれるんですよ。

こんな言葉があるそうです。
「あなたは人を評価する必要はない。なぜなら
あなたと出逢った人はみんな素敵な人になるから」。


比較が自分をダメにする

まほさん、こんばんは~☆。

誰かと比較してたら、自分はなかなか幸せになれませんね。
悲しみも比較してたら・・・同じですね。

どうして人間は、自分の痛みにめっちゃくちゃ弱いのに他人の痛みには耐えられるのか・・・。
だからこそ、わかちあう経験が人様も自分も幸せにするのだと思います。
痛む人間の痛みを待つのは大変ですが、頼ったり頼られたりする関係って人間を幸せにしますね。

まほさんは、優しい・・・。まほさんは、強い。
愛って、本当に深いと思います。なかなか難しいけど、小さくても私も人様を愛する自分になりたいと
思っています。・・・そして、小さいことを繰り返しながら愛ある人になっていきたいです♪

こんにちは

ようこそ、お越しくださいました。

歳をかさね、気付きますのは、
信じて待てるかだと思いました。
自分の心を不安にするものは、
信じられないからだとも思いました。

はっきり言って、未来のことなどわかりません。
でも、でも、不安を抱え何十年も生きるならば、
信じて、心の霧を晴らした方がいいと思えました。

人はよい結果を期待し、悪ければ落胆します。
けれど、長い歳月での期待ならば、じっと待つことで、
その間もしあわせなこころでいられます。

極論すれば、自分を信じることでした。
それがしあわせに生きる道だと思いました。
失敗したなら次に生かせばいいので、
その失敗した気持ちをひきづらないように、
していきたいと思います。

信じるって、強いと思います。。。
この詩で何かを感じてくださったこと、感謝いたします。
ありがとうございました。

No title

歳月は漢方薬のようなもの。
とても優しい言葉で、心に沁みました。

待つことは、信じることにも繋がるのかな
と、思いました。

ありがとうございます

昨日の拍手コメントでも、
まほと出逢えてよかったとか、
ブログ記事をゆっくり読ませていただきますとか、
本当にありがたいお言葉をいただいています。

以前友人が「あの人が死んで清々した」という人の
話をしてくれました。
友人は「いい人だった」と言ってもらわなくても
「清々した」と言われたくないねえ…と。

まほも同感。だから、上記のようなお言葉はありがたく、
こちらこそ、いい出会いをありがとうと思います。

記事は読む人により、
こころに負担になられる方もみえるかも知れませんね。
いろんな境遇の方がいらっしゃるわけでして。

ただ、まほは人さまを不快にする記事を
書かないことを心に決めているのと、
真摯なご意見やご質問には誠心誠意、お答えし、
みなさんがおしあわせになられるお手伝いを
させていただきたいと思います。

はじめての方は、
ありがとうはまほ(う)のことばブログの84篇の詩を
読んでくださるとうれしいです。
http://mahonoai.exblog.jp/

コメント欄開けました

今日は11月23日、月曜日です。
お天気は快晴、勤労感謝の日で連休最後の日です。
お仕事のみなさんは、お疲れさまです。

さてさて、昨夜NHKの大河ドラマが終わりました。
何事も始まりがあり終わりがありますね。
終わるというとさみしさがありますが、
「さよなら」の言葉も「またあした」と受け取ったら、
希望の朝をまた迎えられます。
そんな風に
一日一日を明日につなげていけたらなあと思います。

なんか、今年も、もうすぐ終わりと思うと、
ちょっとセンチメンタルになっちゃいますね。
カレンダーが最後の1枚になると、自分の心を覗いたりして。。。



ブログ内検索

RSSフィード

オンラインカウンター
プロフィール

万歩(まほ)

Author:万歩(まほ)
日々の思いを素直に綴る
人生の足跡
身体は不自由でも
心は自由人でいたい
「110番ブログ」も
目指したい

ねこのきもち
Catch The Peace―絆
クリック募金
花園キャンペーン
XIMA
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
月別の詩
出逢えたみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。