スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙は無理に止めなくていい

「涙は無理に止めなくていい」

泣いてばかりいても
どうしようもないことは
百も承知している

だがあふれる涙を
むりに止める必要はない

かなしみの涙は
心の中でうるおって
生きていく活力と
やさしい気持ちに
かわっていくのだから 


ありがとうはまほ(う)のことばブログにて
「ありがとう」の詩集・84篇掲載中 こちらをクリック



-----------------------

勇気は愛のようなもの。
一人前にするには、
希望がなくちゃいけない。

(ナポレオン1世)


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

 


ご協力いただけませんか。
ひとりでも多くの命を救いたいのです。
クリック募金・栄養食
50クリックで4食分の栄養食が。
あなた様には何の金銭も発生しません。
(私のブログで年間2000食以上を目指します)


※リンクをクリックしてから出た画像の四角の所をクリックで、
 1円の募金がはじめて完了です。
 説明が足らず、クリックだけだった方、申し訳ありません。
 この方法でご協力いただけたら、ありがたいです。
 教えていただいた方に感謝いたします。



★ぜひ多くの方に読んでほしいです。
    雪絵ちゃんの願い  こちら













テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

わたしは・・・

むりに止めない派です。
人さまにより違うかもだけど、
我慢し過ぎると、落ち込みを長引かせるんです。

まほは泣きたい時には泣き、怒りたい時に怒こり、
自分の心を自分がよくわかってあげる風でしょうか。

そうやって、のし上がってきました。

苦しいのは、自分の心にがまんばっかり
させるからなんですね。
優等生的になる必要はないし、心が理解していないことを
無理矢理納得しても、心は晴れませんよね。

上向きに変える力ですか…特効薬はないです。
苦しんだから気づけることもありますよね。

でも、ひとつだけ、しあわせに生きることをあきらめなければ、
春は来ます。
そうして、失敗した時にでも、自分を駄目と否定しないことかな。
要は心の持ちようです。

苦労せずに、しあわせは楽に手にできるものじゃないと
思ってくださいな。
みかささんの周囲で楽して幸せな人などいないでしょう?

No title

 涙、無理に止めなくてもいいのですね。泣きたいときは泣いてもいいのですね。そう受け取りました。涙が、いつか生きる力に変わると信じます。私もそう思いたいです。
 つらいとき、悪いことばかり考えます。考えても仕方ないことだけど、止められないのです。止めなくてもいいのかな?ちょっと違うかな??心が下を向いていても、上向きに変える力がほしいです。今は時間が解決するのを待つしかないのです。すごく時間がかかります。心を変える魔法、使えたらいいな。

いいのと違う?

その人、その人で自分の心の消化方法が違うんだけどね。

こうじゃないとだめってないと思うんですよ。
そう思うというのは今時点の自分の感情。
こう思っちゃいけないんだと、Leo さんの場合、
頭ではわかっていらしゃる。

そうしたらね、まほの意見よ。
今のご自分の心を、
よしよし、そうだねって優しく聴いてあげたら、
心はちょっとだけ元気になれる気がする。

だって、だれもが自分を認めてほしくって、
受け入れてほしい存在。
否定されると、ただしいことであっても、心は晴れない。
まほはそういう経験がある。

勉強でも親がぎゃぎゃ言ったら、子どもは嫌になる。
一緒にこれ見ようと言ったら、
「お母さん何言ってるの、僕テストの勉強するんやに」…
って言われるようなもの。

人からより、自分が思ったことが一番よ。
だって自分の一番の味方は自分。
そうじゃなかったら、
真のやさしさは相手に向けられんと思うのよ。
まほは自分にやさしい。
だから人さまも自分のように愛せるんだ。

泣きたいときは泣く

まほさん、こんにちは~。

泣きたいときに泣かないと、こころに澱がたまっちゃうんですね。
「わたしなんか・・・。」って、いじけちゃう。
「わたしなんか・・・。」ていうのは、他人と比較して幸せをえようとする
自分をダメにする考えです。

自分に出てきたら、ゲンコツを口にいれてやります。(笑)
ううん。けっこう、この頃はこころに浮かんでくるんですよ~。
疲れてますね・・・。

天気でも雨は、地上の浄化なんだそうです。意味があるんです。

涙は、人間の浄化だなあと思います。
泣くときは泣いて、あとはさっぱりと忘れる。
人はその繰り返しですが、それも必要なんだなあと・・・。
勝気でなかなか人前で泣けない自分ですが、少しだけ泣くのも悪くないと思えてきました。

もちろん。冗談やジョークで周囲をなごませたり
自分の気持ちをなぐさめるのも悪くはないですよね・・・。

いろんなやり方で辛さや痛みをのりこえていけたら・・・と思います。
もちろん・・・重過ぎる荷物は他人様に持ってもらうのもアリです。

私だけでは、生きられない。私から、私たちに意識を変えて・・・。
人様と、わかちあうことも時には必要だと思いますから・・・。

ありがとうございます

すべてに感じ入ります。

>泣いてばかりいても
>どうしようもないことは
>百も承知している
>だがあふれる涙を
>むりに止める必要はない

そうなんです。だれもが頭ではわかっています。
ですが、ですが、
自分の心にある感情を抑えきれないものがあります。

子どものころですと、「もういい加減に泣きやめ」と言われると、
余計泣けてくるようなもので、
第三者からしたら、大したことじゃなく見えても、
本人にとったらすごく悲しいことです。

わたしはそのことを十分体験し
、人さまの心を救おうなどと、
傲慢に思っちゃいけないと思いました。
人さまの悲しみの深さは深いですからね。

わたしもよく泣くのですが、
他人の痛みには100年だって耐えられますが、
自分の痛みはちっちゃくても大きく感じます。

ならば、わたしに何ができるのかと考えますと、
うんうんと話を聴いて差し上げることかなあって、
そうすれば少しだけお気持ちが軽くなるんじゃないかと。

きっかけはまほだったとしても、乗り越えられるのはご自身。
だから人さまが思いっきり泣いて、元気になるまで、
あせらずに待っていようと思います。

まほは待つことは「苦」じゃないんです。
諦めなければ春は必ず来るって知ったからです。
だから、応援して待っています。

わたしもあっという間に
病後10年たって50代になりましたもん。
3回目の成人式まで、もうひと頑張りしますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ほんとう

わたしも病気になり、嫌というほど泣きました。
いつになったら涙は涸れるのかと思うほど泣きました。
そうして、涙を思いっきり流したら、
10年の歳月がたっていました。
40代前半で大病し、50代になり、
病気になったから気づけたことたくさんあります。

家族にとっても優しくなれたんです。
元気な時は不足ばかりだったのにね。
当たり前に感謝できるようになったら、
しあわせに気付けました。

泣いていても怒っていても、この世に生きていられる…
泣きたいだけ、怒りたいだけ怒って、
元気になったら、歩き始めればいいって。

いろんな人がいます。
でもいつだって、まほはまほの味方だぞぅって。

高校の先生のお話よくわかります。
泣かなきゃ、自分を愛せないですもん・・・ね。

寒くなりました。風邪に注意ですよぅ。

いいんですよ

泣いていいんです。
我慢しなくていいんですよ。
充分痛みを我慢されているじゃないですか。

お医者さんにもいろんな方がいますね。
わたしは健康体でしたので、
お医者さんや看護師さんはそれなりの思いやりとやさしさがおありになる…
そう信じていました。

入院2年半で気づけたことは、そうじゃないということ。
痛みや病気をした人でないと、辛さを思いやれないんだということ。
私とて、自分が元気なころは、歩くということがこんなにも大変だとは
思いませんでしたからね。

そう思いますとね。
泣く=弱い人ととっている人もみえると思いますが、
そうじゃないと思うんです。
その涙こそが「やさしさ」や「愛」に代わる
原石だと思うんですよ。

理不尽なこといっぱいありますよね。
どこかで読んだのですが、
世の中を理不尽だと思えるように成長せよと
いう言葉がありました。

思いますとね、悲しみや怒りで泣くこと、
これはとってもいいことだと思うんです。
感情と言うのは「生きている」から湧き起こるものですね。
死んでしまったら、泣くも怒るもありません。

かーこさん・・・
そのお気持ちを持つかーこさんのお心を
愛してあげてくださいね。

お辛かったですねえ。
世界は私のためにあるのじゃないけれど、
世界のやさしいみんなと一緒に
今を共有していること、しあわせです。

かーこさんが流された涙が、
また、やさしさに変わりましたよ。
だから、我慢せず泣いてくださいね。
そうして、悲しい思いをわたしにも分けてくださいね。

わたしもたくさんの人に支えられてきましたから。

泣かない人=強い人じゃないんです。
本当の強さって、やさしい心が必ずあります。
そういう人が、
かーこさんを泣かせるとしたら、感動の涙です。
ほ~ら、またやさしさが増えましたでしょ。

いい連休を・・・ね。

まほさん、おはようございます。

寒くなりましたが、おげんきにされていますか?

涙って不思議ですよね、悲しいとき、心が壊れちゃった時はいっぱいいっぱい出ます。 どこにこの水分があるのって言うくらい。

でも、心がだんだん元気になってくると、不思議と出無くなってきます。あんなに泣いてたのにって、思うくらい。

高校の先生だった方で、日曜日、掃除機をかけながらおお泣きするのよ、と言う先生がいました。 一週間分のストレスを洗い流していたのでしょうね。

私も、毎日泣いていたけど、最近は泣かないで済んでいます。
みんなのお陰で、心がだんだん元気になってきたのだと思います。
まほさんにも、ありがとう。

まほさん
おはようございます。
最近は泣かないようにしてたんですけど
つい先日、病院で
あまりにもひどいことを医師に言われ
点滴しながら泣いてしまいました。
その時に、この病気の患者が
流した涙の多さに
また気付かされました。
ごめんなさい、こんなことかいて・・・。
同病の患者さんと話して
もう立ち直りましたけど・・・。
私は優しくありたいと思います。
お医者さんにも優しくあってほしいと思います。
けど・・・私=あなたでないから
お医者さんであっても期待できませんよね。。。

おはようございます

今日は11月20日、金曜日です。
お天気は快晴。でも寒いです。

私がやっているバーチャル農園ですが、
来月18日に終了です。
いつまでもあると思っていたので、びっくり。
みんなも残りの日を大事にしようと、
心を込めお世話しています。
出逢えた方、みな同様に感謝しておられ、
最後までがんばりましょうという声が続々。

そこで思いました。
いのちも一緒ではないだろうかと。
わたし自身、死は意識したこともなく大病し、
いのちの尊さを思い知りました。
生きているのではなく、生かされていたことを知り、
生きられることに感謝しました。

いつまでもあると思うから横着になる。
自分もあと1ヶ月と思えば、
なすべきことを必死にこなすでしょう。
明日はあるとは限らない。
そのためにも、今を大事にしたいです。。。



ブログ内検索

RSSフィード

オンラインカウンター
プロフィール

万歩(まほ)

Author:万歩(まほ)
日々の思いを素直に綴る
人生の足跡
身体は不自由でも
心は自由人でいたい
「110番ブログ」も
目指したい

ねこのきもち
Catch The Peace―絆
クリック募金
花園キャンペーン
XIMA
カレンダー
05 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
最近の記事+コメント
月別の詩
出逢えたみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。