スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真のやさしさって


☆必見・あっこさん&かーこさんのブログ記事☆
知ると言うこと・・・少年の言葉(クリック)
脳脊髄液減少症のことを詳しく知っていただくために
少年の叫びをお聞きください。
わたしは自分が大病し、いかに病気に無知であったか
思い知りました。知識は邪魔にはなりません。
体験者の声に、どうか耳を傾けてください。


☆あっこさん&かーこさんのブログ (こちらをクリック)
脳脊髄減少症のことが書かれています。
病気のことをよく知っていただき、
署名いただければありがたいです。

☆署名のご協力をしてくださっている
「こーしろー」さんの記事、 よろしくです。
きちんとご自分が理解され、
納得されて、人さまの心に響く
文章を書かれています。すごい方です。
何よりもあったかいハートと行動力・・・すばらしいです。
ぜひブログ訪問を。 メルマガも発刊されました。
(こちらをクリック)


みなさまのご協力深謝です。
各ご家庭、ひとりでもオッケー。
署名用紙を埋めなきゃって 言う
ご負担は不要ですよ。 まほ



「真のやさしさって」

かわいそうに・・・
若いのにお気の毒に・・・

こういう言葉を
いやだという人がいる
私はむしろ逆で
ありがたいことだと
受け取れる

自分のことを
理解してもらえる
はじめの一歩だから
そして
次に会えたときには
「がんばっとるねぇ」の
言葉をもらえるはずだから

本当のやさしさって
同情から始まり
応援に変わるものだって
このごろ
わかってきたの

ちょっぴり
こころも元気に
育っています

みなさんのやさしさのお陰です
応援をありがとう


-----------------------

何かをやりたいと願い、
それが実現するときというのは、
不思議なくらい他人が気にならない。
意識のなかから他人という概念が
そっくりそのまま抜け落ちて、
あとはもう、自分しかいない。
自分が何かをやりたいかしかない。
だれが馬鹿だとか、
だれが実力不足だとか、
だれがコネでのしあがったとか、
だれが理解しないとか、
だれが自分より上でだれが下かとか、
本当にいっさい、頭のなかから消え失せる。
(くまちゃん、角田光代)




にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

 


ご協力いただけませんか。
ひとりでも多くの命を救いたいのです。
クリック募金・栄養食
50クリックで4食分の栄養食が。
あなた様には何の金銭も発生しません。
(私のブログで年間2000食以上を目指します)


※リンクをクリックしてから出た画像の四角の所をクリックで、
 1円の募金がはじめて完了です。
 説明が足らず、クリックだけだった方、申し訳ありません。
 この方法でご協力いただけたら、ありがたいです。
 教えていただいた方に感謝いたします。



★ぜひ多くの方に読んでほしいです。
    雪絵ちゃんの願い  こちら











テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

同感

すっごく、わかる感情です。
わたしもそう思っていた時期がありますから。

ブログがご縁ですかあ。
わたしもブログをすすめてくださった方のおかげで、
みなさんとの出逢いがあります。

そうしていっぱい励ましていただき、
悩んでいるのは自分だけじゃない。
ならば、みなさんと一緒に乗り越えていきたいと思いました。

角田さんは
壮絶な人生を乗り越えていらっしゃった方なのですね。
心に響いた言葉で転載させていただいたんですが、
やはり、そのようなお方だったのですね。

わたしも、ずいぶん丸くなってこれました。
そうして、自分が感じる幸せにも目覚めました。
自分ひとりじゃないってことが、どれほどありがたいか、
生きられる今があることがどれほど幸せであるか、
病気になっていろんなことを学べました。

アマゾネスさん、出逢ってくださって、ありがとう。
お風邪をひかれないでね。
季節型インフルエンザの予防接種、昨日してきましたよ。

話さずに

分かり合えるって、ごくごくまれな関係ですね。
いくら親しい間柄でも、わからないことがたくさんあります。

想像するにも限界があり、
やはり知ってもらいたいなら、
ちゃんと相手に伝わるように話さないと、むりですね。

言わなくてもわかるでしょう?なんて、クイズじゃないんですから、
本当に伝えたいことなら、自分の言葉で話すべきですね。

どうでもいい、相手を不快にすうことなら、
べらべらしゃべる必要ないんですものね。

はい、一方通行の友情はいまだにわかりません。
双方の信頼関係があって友情は成り立つと思っていますから。
ストーカー的に相手を追うことはありません。
ご縁がなかった方と、静かに立ち去ります。

「ありがとう」は素晴らしい言葉ですね。
苦しいことがあっても、乗り越えられます。
ありがとうの言葉ほど、
人間関係を豊かにする言葉があるでしょうか。

おっしゃること

よくわかります。
その通りなんですよ。

>受け取る側の心が
>キャッチできるときには
>優しい言葉になり、

>受け取る側の心が
>萎えていたりして
>キャッチできないときは
>跳ね返したり、落として
>しまう言葉なのかも
>しれませんね・・。

しあわせに生きたいなら、自分の心に壁を作っちゃいけないんです。
わたしは自分が心を閉ざしていたなあって思うかことがあります。
いくら周囲が心から応援していてくれても、
心の部屋に鍵をかけていたら、そいう人たちを門前払いにし、
自分でひきこもり状態を作ってしまいます。

初めて旅行したのが、退院後1年(2003年)たった頃でした。
バリアフリー化が進んでいて、あまりのすごさに、
障害者だからと心を閉ざしていたのは、
社会のせいではなく、自分の心だと思いました。

障害者トイレ・車いすの人のための低い位置の電話・
車いす対応のテーブル・・・ちゃんと考えられていました。
新しいビルですと、車いすの人の専用エレベーター、
ちゃんと鏡が付いていて、ぼたんの箇所も二つありました。

世の中もいいように変わっていました。
健常者も障害者も共に、しあわせに生きていくためには、
理解してもらうことが大事だと気づきました。

そうしたら、心を閉ざし、くさっっている場合じゃないぞと
思いました。
わたしも自分にできることで、理解を深めていこうと。
これこそ、私ができる「愛」のある仕事だと確信。

みんながしあわせに生きられる社会にしたいです。

やさしさ

おっしゃる通りだと思います。

まず可哀そうと共感できるところから始まります。
それを同情というのですが、
同情が嫌がられる元になったのが、
そこから応援に変わらないことが多いからです。

かわいそうにが、応援に変わらず、無関心になっていく…
悪い言葉で言うなら
「他人の不幸は蜜の味」と言われる興味本位な
感情で終わるためです。

私が20・30代で病気になったとしたら、
「同情」されたくないと心を閉ざしただしょう。
同情を悪者にしたでしょう。

しかし、応援に変わっていくさまを実際体験しますと、
やさしさの第一歩はかわいそうにという気持ちから出発すると
気づきました。

同情だけで終わる場合もあります。
しかし、そんな人ばかりではないという事実を知ってほしいです。

人はひとりでは生きられません。
助け合って生きていけるんですから、人さまを応援するのは、
人間として当たり前なんですものね。

>いろんな人と繋がりたいです。
>ネットのつながりだって、
>現実のつながりに負けないぐらい強いって信じてるから。

おっしゃる通りです。
出逢いを大切にしたいですね。
そうして、見習いたいところは取り入れていきたいです。

No title

お久しぶりです。
朝晩冷え込んでまいりましたね。
カラダには少し厳しい時期になりつつあります。
「かわいそう」って言われるのがイヤでした。
だから・・・心の扉を閉め切って人間関係に整理をつけてしまってました。
ブログを薦められるまま始めて・・・
色んな見知らぬ人からの言葉を見つめているうちに
少しずつ心の扉の鍵が開き
少しずつ心の扉も開いてきました。
凍りついたものが・・・ゆっくり解凍されたみたいに。
色んな出会いがあり、気持ちもとんがってましたが
今は少しだけ自分にも優しくなれた様な気がします。
角田さんの本も(自叙伝)2冊読みました。
彼女の壮絶な人生は・・・
諦めてはいけないと教えてくれました。
ありがとうの言葉が素直に言えて
ありがとうの言葉を素直に受け止められる
それがすべてかもって思えます。

口にしなくてもわかってもらえるという思い込み

まほさん、おはようございます♪
昔はね・・・あったんですよ。話さなくても、わかってもらえるんじゃないかという思い込み。
いいえ。今でも、あるかもしれませんね・・・。

「わかるでしょ?」って思いだけで説明も話もしないで
わかってほしいという思いだけで感情をぶつけていては人はまず
わかりませんよね・・・。

以外とこういう場合って、多いんですよ・・・。

私も同情って、友情の前段階だと思います。
おたがい「わかちあう」時、本当の事を話さなくてはわかりませんもの。
この世に一方的な関係は、私はないと思っています。
縁があってつきあいがある時は、力は双方に流れていますよね・・・。
たとえ、どんな年齢の方でもどんな社会的位置の方でも関係ないと思うんです。

まほさん、私、「ありがとう」が口癖になっています。
「ありがとう」を言われて、「なにもしてないよ」って言う人もいますが
嫌な思いはないはずです。
「私は、関わってくださってありがとう」という思いなんですが・・・。(笑)
コンビニで物を買っても「ありがとう。お世話様。」と言います。

それは、一方的関係はないという思いからだと・・・きっと。

こちらも寒いですが、いいお天気です。
まほさん、今日も素晴らしい一日を・・・。

おはようございます

今日は10月23日、金曜日です。
お天気は晴れ、いい日になりそうです。

なんか、金曜日と聞くとうれしい「まほ」です。
家族が明日からは休みで安心できるのと、
木曜のリハビリを終え、ゆっくりできる日だからです。

ブログ友さんの友人が、
「金のくらより 人のくら」とおっしゃったそうです。
ほんとうにその通りだなあと思いました。
人は財産です。
なにものにも代えられない宝です。

実際に出逢うことなくても、
心はいつもつながっておられます。
わたしもブログでたくさんのお友達ができました。
いろんなお話を聞き、
知らない世界を学ばせていただきました。
そうして、まほを応援し、支えてくださる人が
たくさん増えましたこと、一番のしあわせです。

同じことばでも・・

まほさんおはようございます!

お若いのに・・かわいそう。

とっても優しいことばだと
思います。

受け取る側の心が
キャッチできるときには
優しい言葉になり、

受け取る側の心が
萎えていたりして
キャッチできないときは
跳ね返したり、落として
しまう言葉なのかも
しれませんね・・。

同情の言葉、
きちんとそれを優しい
ありがたい言葉と
うけとれる
心の状態でありたい・・
とそう思っています。

風のない日の
湖水に映る月のように、
そのままのまるい月を
みれる自分でありたいです。

そう、思います。
まほさん、少年の言葉
ご紹介ありがとうございます。

No title

 やさしさって、同情から始まるのかもしれません。誰かが自分のことを気にかけてくれるのは嬉しいですね。そしたら、がんばろうって気持ちになれますね。でも、気にかけてもらうためには、やっぱりがんばらないとダメかな。少しずつ、がんばるのを続けようと思います。私は仕事をがんばります。ネットもがんばります。ブログ、がんばって書きます。いろんながんばるが思い浮かびます。
 いろんな人と繋がりたいです。ネットのつながりだって、現実のつながりに負けないぐらい強いって信じてるから。

ブログ内検索

RSSフィード

オンラインカウンター
プロフィール

万歩(まほ)

Author:万歩(まほ)
日々の思いを素直に綴る
人生の足跡
身体は不自由でも
心は自由人でいたい
「110番ブログ」も
目指したい

ねこのきもち
Catch The Peace―絆
クリック募金
花園キャンペーン
XIMA
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
月別の詩
出逢えたみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。