スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なみだの向こうには

「なみだの向こうには」

思いっきり
思いっきり
泣いた 
なみだ涸(か)れるまで
泣いた

いやというほど
いやというほど
後悔と反省の
くりかえし

時は
漢方薬のようだった

ワタシの
心は
死んではいなかった
ワタシの
根っこは
枯(か)れずにいてくれた

失ったものがある
残されたものがある

どちらを
大切にしていけばいい?

「残されたもの」と
迷わず
こたえよう

いつの日にか
つぼみから
きれいな花が
咲くはずだから

根っこを
枯らさぬよう
ちゃんと
育てていこう

なみだの向こうを
決めるのは
ワタシ自身の
こころだから

2007.12.08



----------------------------------------

木の花というのは、塀の外の道行く人の目をも
愉しませるところがいい。
無言のうちに布施をしているようなものだ。
ひたすら命いっぱいに咲いてみせるだけで、
無数の人の目と心をうるおすのだから、
こんな有難い布施はない。 (瀬戸内寂聴さんの言葉)




にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村




ご協力いただけませんか。
ひとりでも多くの命を救いたいのです。
クリック募金・栄養食
50クリックで4食分の栄養食が。
あなた様には何の金銭も発生しません。
(私のブログで年間2000食以上を目指します)


※リンクをクリックしてから出た画像の四角の所をクリックで、
 1円の募金がはじめて完了です。
 説明が足らず、クリックだけだった方、申し訳ありません。
 この方法でご協力いただけたら、ありがたいです。
 教えていただいた方に感謝いたします。



★ぜひ多くの方に読んでほしいです。
    雪絵ちゃんの願い  こちら









コメントの投稿

Secre

泣いていたのは

・・・と言うより、くさっていて、
何も楽しみがないというのが病後1年近くありました。

いま思えば、この1年があったから
今のわたしがあると振り返れますが、
どうしようもないほど、泣いたりしたものです。

そうですね。
いまの私からは想像できないでしょう。

みんな、どこかに傷を持っているものなんです。
笑っているから、悩みがないわけじゃないんですね。
ある意味、辛い絶望を乗り越えた人かもしれません。

ですから、辛い体験は人生の宝かも知れませんね。。。

ありがとうです

そうなんです。

どうあがいたって元には戻せないものってあります。
それを悲しむ時間はあっていいんですが、ずっとでは、
生きがいや楽しみを見つけることが出来ません。

残されたものを最大限に生かせば、
自分らしい人生が楽しめますもんね。
もう、思い方次第なんですね。
不幸だと思っていれば、嘆きの人生でしょうが、
当たり前の幸せに感謝できるこころがあれば、
豊かな楽しい人生を創れますものね。。。

すみません

ネットの接続ができず、遅くなりました。
コメントは承認させていただきましたが、ご返事は明日に。

暑くって、ちょっとばてたかも。
今日はゆっくりさせてもらいますね。

No title

 つらいことがあっても、時がたてば立ち直れます。希望はなくさないほうがいいですね。残されたものを大切にすることは大事ですね。私たちの仕事でもそうです。お年寄りたち、出来なくなったことが多いです。体に障害がある人も多いです。でも、残された力があるはずです。できることを大事にします。残された力を使ってもらいます。
 まほさんが泣いたの、病気になったばかりのことでしょうか?今は元気そうに見えます。残された力を思いっきり使ってるように思えます。

こん

根っこを枯らすのも、育てて綺麗な花を咲かすのも
自分のこころ次第なんですよね。

失ったものを嘆くより
失う過程で得たかけがえのない事に感謝しながら
残された輝くものを大切に生きて行こうと想っています。

今日も心に強く残る言葉をありがとうございました☆

ブログ内検索

RSSフィード

オンラインカウンター
プロフィール

万歩(まほ)

Author:万歩(まほ)
日々の思いを素直に綴る
人生の足跡
身体は不自由でも
心は自由人でいたい
「110番ブログ」も
目指したい

ねこのきもち
Catch The Peace―絆
クリック募金
花園キャンペーン
XIMA
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
月別の詩
出逢えたみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。