スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんまもん

とってもとっても辛かった
とってもとっても悲しかった
とってもとっても情けなかった
とってもとっても落ち込んでいた

だけれども言葉では
誰にもいわなかった

口にすれば
周囲のみんなを
さらに悲しませることになるって
それだけは充分わかっていたから

顔は笑っていたはずなのに
ちゃんと見抜かれていたなんて
そのことを知ったのは
自宅に帰ってから
しばらく経ったある日

「何でそんなに厳しい顔しとるん?」

えっ 厳しい顔?
そうしたら・・・
ひょっとしたら・・・
あの頃もそんな顔をしていたんだ
言葉は飲みこめても
表情はごまかせなかったんだ

そうかぁ そうだったんだぁ
まかせてよ
これからは心配させない
偽りのない笑顔になるからね


2007.04.28



 2007.10
スポンサーサイト

あれから・・・

こんな穏やかな日が来るなんて
だれが想像しただろう

みんな口にこそ出さないが
再起は無理だろうと
祈る気持ちだったに違いない

いつになったら
この場所から脱出できるのか
脱出するには
どうしたらいいのか
死に物狂いで
がんばった日々

文字が書けないから
ひらがなの練習をしているだけなのに
同室のみなさんは
「アンタはえらいわぁ~」と
何度も褒めちぎる

廊下を通る人も
みな同様に
看護師さんに
「あの人は毎日勉強してるね~」と

廊下で車椅子に乗って
ダンベルを持ち筋トレ

「がんばってなあ~」
「応援しとるよ~」
まるで有名人並に
励ましてもらった

挙句の果て
「アンタを見とると元気が出る」なんて
うれしいことをいってくれる
介護されているご家族のみなさん

その節は
ありがとうございました
お陰で
こんなに元気になりました
これからは
ご恩返しさせてもらいます


2007.04.27


今日は退院後、丸5年。
2年半の入院の倍の時間が経ちました。
長かった入院生活も人生からみたら
ほんの「ひとこま」だったと振り返れる今に感謝です。



 2007.11



真のやさしさって



かわいそうに・・・
若いのにお気の毒に・・・

こういう言葉を
いやだという人がいる
私はむしろ逆で
ありがたいことだと
受け取れる

自分のことを
理解してもらえる
はじめの一歩だから
そして
次に会えたときには
「がんばっとるねぇ」の
言葉をもらえるはずだから

本当のやさしさって
同情から始まり
応援に変わるものだって
このごろ
わかってきたの

ちょっぴり
こころも元気に
育っています

みなさんのやさしさのお陰です
応援をありがとう


2007.04.26

おかあさ~ん

おかあさ~ん
今日はあなたの誕生日
おめでとうございます

そう文字を書くだけで
涙がでてきます

8年前
命が助かっていなかったら
私はあなたに
ありがとうの言葉も
何も言えずに
親不孝したまま
旅立っていたところでした

あなたが毎日
祈ってくれたお陰で
こんなに元気になれました

ありがとう
ありがとう

あなたへの詩を
綴ることが出来て
とってもしあわせです

お誕生日
おめでとう~


2007.04.25




 Haさ~ん、絵手紙ありがとうございました。
 詩も読んで、お気に入りを教えてくださって
 ありがとうです。またお便りしますね。


自分をもっと褒めようよ

ねぇ きみたち
自分に厳しすぎない?

ほめることは
自分を甘やかすことだって
思っているんじゃない?

あげくのはて
「どうしてこんなに出来ないんだろう」って
自分の首をしめていない?

だめだよ!
そんなに自分をいじめちゃ

自分に厳しい人に限って
他の人に
とってもやさしいの

自分のことをほめて
もっともっとほめてあげて!
それが自分を大事にするってこと
甘やかすことなんかじゃないよ

だから だから
まわりの人にも
やさしい心で
付き合えるのよ


2007.04.24



Mさん、今日あなたに逢えました。
 あなたに「自分を褒めるということ」を教えてもらいました。
 その節は、本当にありがとうございました。



 2007.11

アンタはえらい!

眠れない夜があった
体が動かないときがあった
しゃべれないときがあった
食べられないときがあった
目を開けていられないときがあった
痛くて痛くてたまらないときがあった
泣いてばかりいたときがあった
楽しみを見つけられないときがあった
くさっていたときがあった

全部ひっくるめて自分だった
そんな過去の自分がいて
現在の自分がいる

辛かった中で
ありのままの自分を
受け入れたとき
何かが変わった気がする

涙はいつになったら
涸れるのかと
心配したけれど
ちゃんと
いつの間にか乾いてた

自分自身に
もっともいい時期って
無理やり
強がらなくても
自然とやってくるものなのですね

いまでは
そんな自分が
ちょっぴり誇らしい

「アンタはえらい!」
そんな声がした


2007.04.22



 2007.11

母の味

ざんねん ざんねん
もっともっと
あなたに知ってほしかった

あのころは
忙しくて
食べさせるのが精一杯だった

ざんねん ざんねん
もっともっと
あなたに知ってほしかった

今ではお料理を
伝えることが
出来ないわ

キッチンバサミでの料理を
強がってみたけれど
握力をなくした
手では無理だった

あなたにとって
母の味はありますか?
なければ
あなたが作ってください
それが
わたしの願いです


2007.04.19






 2007.11

ありがとうの花束


支え続けてくださった人たちに

感謝の気持ちを伝えたい

ありがとうを花束にして

あなたの心に

飾ってくださいと 


2002.02


この詩は自分のお気に入りで、たくさんの方に伝えたい言葉です。
3月に投稿済みですが、再掲させてもらいました。





 2007.11

春風に乗って



耳を澄ますと
みんなの声が
聴こえてくる

春風に乗って

がんばったね~
しんどかったね~
えらかったね~


目を閉じると
みんなの顔が
浮かんでくる

春風に誘われて

がんばったね~
しんどかったね~
えらかったね~


私のきもちを
みんなに
伝えておくれ

春風に乗って

ありがとう~
ありがとう~
ありがとう~


2007.04.16



すなおなこころ

わたしはね
わたしはね
こう思うのよ
きいてくれる?

たしかに たしかに
我慢は大切よ

だけど だけどね
無理やり
自分の心を
いつわって
元気ぶったって
ストレスの
蓄積になるだけ

自分の心に
素直でいることが
何よりも大事なときなの

泣きたいときには
思いっきり泣きなさい

その涙が
かわききったら
元気になって
しあわせになろうって
思えるのだから



2007.04.16


 2007.9

ブログ内検索

RSSフィード

オンラインカウンター
プロフィール

万歩(まほ)

Author:万歩(まほ)
日々の思いを素直に綴る
人生の足跡
身体は不自由でも
心は自由人でいたい
「110番ブログ」も
目指したい

ねこのきもち
Catch The Peace―絆
クリック募金
花園キャンペーン
XIMA
カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
月別の詩
出逢えたみなさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。